リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

『ゼルダの伝説 夢を見る島』を知らない人に向けて、本作の概要と魅力をお伝えします。

連載・特集 特集
リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
  • リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

Nintendo Directで『ゼルダの伝説 夢をみる島』がニンテンドースイッチ向けに登場することが発表されました。当時遊んだゲーマーからすれば「あの名作がついに復活するのか!」と思えるわけですが……、「え? よく知らないな~」と思う人もいるでしょう。

そもそも原作となる『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年、つまり26年前に出たゲームです。特に若い人だと、本作がどんなものか知らないという人もいてもおかしくないはず。というわけで今回は、本作がどのような魅力を持つゲームなのか手短にお伝えします。

◆『ゼルダの伝説 夢をみる島』はどういうゲーム?



原作となる『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年にゲームボーイで発売されたタイトルで、『ゼルダの伝説』シリーズとしては4作目となります。ちなみに1998年にはゲームボーイカラー版となる『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が発売されました。こちらはカラー画面になったうえ、いろいろと要素が追加されています。

現在もっとも遊びやすいのは、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでしょう。617円(税込)で『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が遊べますよ。


最近の『ゼルダの伝説』は3Dグラフィックで描写されていますが、このころはまだドット絵の2Dゼルダと呼ばれる類のものでした。見下ろし視点の画面で、ダンジョンを攻略しつつアイテムを探し、それで道を切り開いていくというスタイルです。ゲームシステムは定番のスタイルだったのですが、しかし特別なところがいくつもあるのです。

◆『ゼルダの伝説』でありながら『ゼルダの伝説』らしかぬ作品



『ゼルダの伝説』シリーズを遊んだ人ならば、だいたいどんな流れになっている作品なのか理解できるでしょう。主人公はリンク、悪役はたいていガノン、そしてゼルダ姫を救うために冒険を繰り広げます。

ところが『ゼルダの伝説 夢をみる島』は物語からして違います。そもそも『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』が終わったあとから始まり、リンクはゼルダ姫を救ったあと修行の旅に出ているのです。

そして航海中、嵐に巻き込まれたリンクは「コホリント島」という見知らぬ島へたどり着きます。そこで出会うのはゼルダ姫やガノンではない、いつもとは違う人々なのです。

次のページ:「いつものゼルダ」らしくない場面を解説!
《すしし》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top