『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

アメリカのコメディアン、アルフォンソ・リベイロが『フォートナイト』収録エモート「フレッシュ」を巡り、2018年12月に起こした訴訟ですが、米国著作権局はリベイロの著作権登録を拒否したと海外メディアより報じられました。

ニュース ゲーム業界
『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針
  • 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針
  • 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針
アメリカのコメディアン、アルフォンソ・リベイロが『フォートナイト』収録エモート「フレッシュ」を巡り、2018年12月に起こした訴訟ですが、米国著作権局はリベイロの著作権登録を拒否したと海外メディアより報じられました。

The Hollywood Reporterによると、米国著作権局のSaskia Florence氏は、リベイロ氏による訴えについて、「フレッシュ」の原型となったとされる「Carlton Dance」(振付作品)には、著作権が認められない旨をリベイロ側の弁護士に明かしたとのこと。これは、同ダンスが非常に単純な3つのステップで構成されるルーチンであるためです。

また、同メディアは、「Carlton Dance」が、NBCのコメディドラマで初めて登場した部分に着目し、そもそも著作権がリベイロ氏本人に帰属するかどうか、という点にも言及。果たして、ゲームとダンスを巡る問題はどの様に展開するのでしょうか。

なお、Epic Gamesと同じくリベイロに提訴されていた『NBA 2K』シリーズのTake-Two Interactiveはこの米国著作権局の動きを支持しているということです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

    PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  2. 戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

    戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

  3. リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

    リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

  4. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  5. 『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

  6. NTT東日本がe-Sportsへ参画―ICTソリューション提供やイベント運営受託など展開

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  8. 航海ADV『FAR: Lone Sails』海外PS4/XB1で4月2日発売決定―滅びた文明世界と干上がった砂漠の海を往く

  9. ステルスシューター『Project I.G.I.』新作『I.G.I. - Origins』発表―16年ぶりの復活

  10. 『Anthem』ドロップ率上昇のアップデートを実施―マスターワークとレジェンダリーを入手しやすく調整

アクセスランキングをもっと見る

1
page top