『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

BioWareよりリリースされる新作アクションRPG『Anthem』。特定サービスの利用者は4日間近い先行プレイを楽しんでいますが、そのユーザーの一部が既にエンドゲームに到達していると海外メディアより報じられました。

家庭用ゲーム PS4
『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?
  • 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?
  • 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

BioWareよりリリースされる新作アクションRPG『Anthem』。特定サービスの利用者は4日間近い先行プレイを楽しんでいますが、そのユーザーの一部が既にエンドゲームに到達していると海外メディアより報じられました。

海外メディアPC Gamerによると、同作の現時点でのレベルキャップ30に到達したプレイヤーらはエンドゲームとして用意されたストロングホールドのグランドマスター1~3(難易度)を楽しんでいるとのこと。しかし、中には更なる効率を求めた結果、思いもよらない結論にたどり着いたユーザーも居るようです。

それは、同作のフリープレイモード。なんでも、プレイヤーは歯ごたえのあるエンドゲームコンテンツをプレイすることなく、フリープレイモードに用意されたチェストを開封していくだけで最高クラスの装備が手に入ってしまうということで、そちらを中心にプレイしているそうです。

実際には正式発売前の作品であるため、何らかの修正が早期に施される可能性もあるかもしれませんが、数日でエンドコンテンツ周回を進めるユーザーの存在を考えると、2019年3月予定のACT01「現実のエコー」を始めとした、今後の更なるゲームコンテンツの拡張も望まれるところかも知れません。

『Anthem』は2019年2月22日にPS4/Xbox One/PC向けに発売予定。Xbox OneでのEA Access利用者およびPC(Origin)でのOrigin Access利用者を対象とした先行アクセスは既に開始されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

    海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

  2. 『ボーダーランズ』現世代機向けGOTY版が海外審査機関に登録

    『ボーダーランズ』現世代機向けGOTY版が海外審査機関に登録

  3. 『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

    『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

  4. SIE、PSNの利用規約を4月2日に改定─改定後の初回接続時には規約の承諾と再サインインが必要に

  5. 『デビル メイ クライ 5』調カスタムXB1Xのプレゼントキャンペーンが海外で告知―赤と黒がスタイリッシュ

  6. Rockstar Games Social Club2段階認証導入ボーナスが告知、安全性を高め『GTAO』『RDO』でゲーム内マネーをもらおう

  7. 『バトルフィールドV』バトロワ「ファイアストーム」トレイラーを初公開―3月25日開戦!

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『デビル メイ クライ 5』EXカラーやEX挑発を購入できる各種DLCが配信スタート!

  10. 『デビル メイ クライ 5』販売本数が200万本突破!発売から2週間足らずで【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top