『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に

ユービーアイソフトは、人気タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』で悪用されているリーンスパムへの対策方法を明らかにしました。

ニュース 発表
ユービーアイソフトは、人気タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』で悪用されているリーンスパムへの対策方法を明らかにしました。

リーンスパムは以前より修正対応がアナウンスされていたもので具体的な対策案の発表は今回が初となります。リーンスパムとは、リーンを連打やマクロ機能を使って高速で行う事でゲーム内で即死となるヘッドショットを回避しやすくする、という行為です。


今回発表された対策案では、リーン時のアニメーションを第三者視点から見たときに小規模な体の揺れに抑えることで、リーンを高速で行うときの「ヘッドショットの回避」を無くすという試みになるようです。

なお、この修正は、PC向けテストサーバーに配信済みのY4S1「Operation Burnt Horizon」にて実装されています。
《いっちゃん》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  2. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

    GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  3. 『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

    『グランブルーファンタジー Relink』プラチナゲームズとの共同開発体制を変更―開発はCygamesのみに

  4. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  5. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  6. 『ストリートファイターV』新参戦キャラ「ギル」発表! 追加コンテンツ同梱の「チャンピオンエディション」も【UPDATE】

  7. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  8. 『Firewatch』のSteamレビューが炎上ーPewDiePie氏の騒動が原因

  9. 『バイオRE:2』売上がオリジナル版売上を突破!500万本達成

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top