『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定

海外カプコンでマーケティングディレクターを務めるAntoine Molant氏は、『モンスターハンター:ワールド』の機種別売上について示唆する発言を海外インタビューにて行いました。

PC Windows
『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定
  • 『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定
  • 『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定

海外カプコンでマーケティングディレクターを務めるAntoine Molant氏は、『モンスターハンター:ワールド』の機種別売上について示唆する発言を海外インタビューにて行いました。

Molant氏はヨーロッパ、中東/アフリカ、イギリスでのマーケティングディレクターを務めている人物。海外メディアPCGamesInsiderのインタビューに応じた同氏は、具体的な他プラットフォームの順位は語っていないものの、"PC版は2番目に売れた機種"とし、Steam版リリース以降、ヨーロッパで非常に好調だったことが明かされました。また、同シリーズはコンソール版が中心であったため、PC版は後日リリースされましたが、それが結果として別途のプロモーションやPR・マーケティングを生んだともしています。ちなみに、ヨーロッパ圏でPC版が好調だったのはドイツやロシアとのことです。

なお、Molant氏は同作の成功に基づく、今後の成功の鍵「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のニュースが今後より多く届けられると言及しています。『モンスターハンター:ワールド』は発売以来、Steam版の同時接続ユーザーのピーク値も十分に維持しており、記事執筆時点(2019年3月15日)でも27,499人です。これは同時期のSteamのトップ20圏内に入る値で、カプコンCOOの辻本 春弘氏も、先日公式サイトにて「PCプラットフォームの普及拡大も見逃せません」と言及。重要プラットフォームへと位置づける旨を語っています。

『モンスターハンター:ワールド』PC版はSteamにて配信中。拡張DLC「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のPC版発売もアナウンスされていますが、時期は未定となっています。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

    『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

  2. 『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

    『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

  3. ゆずソフト、全年齢参入!『PARQUET』7月31日配信開始―有名美少女ゲームメーカーの新たな挑戦か

    ゆずソフト、全年齢参入!『PARQUET』7月31日配信開始―有名美少女ゲームメーカーの新たな挑戦か

  4. 農業アクションRPG『ニャンザのぼうけん』コンボ攻撃や2人Co-op等の新ゲームプレイトレイラー公開!

  5. 『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張「パリ包囲戦」日本語版の表現修正内容を事前告知

  6. 成り上がり中世オープンワールド『Medieval Dynasty』正式リリース日決定!値上げ前最後のセールも

  7. 『Marvel’s Avengers』ブラックパンサー参戦の新拡張「ワカンダの戦い」が現地時間8月17日に配信!

  8. 『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

  9. 美しく神秘な世界を巡るアクションADV『Omno』日本語対応で発売―1人で5年をかけて開発

  10. 『DayZ』クリエイター新作サバイバル『Icarus』発売延期―8月から長期間のベータを開始予定

アクセスランキングをもっと見る

page top