『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定

海外カプコンでマーケティングディレクターを務めるAntoine Molant氏は、『モンスターハンター:ワールド』の機種別売上について示唆する発言を海外インタビューにて行いました。

PC Windows
『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定
  • 『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定
  • 『モンハン:ワールド』PC版は2番目に売れた機種―「アイスボーン」情報は今後多く到着予定

海外カプコンでマーケティングディレクターを務めるAntoine Molant氏は、『モンスターハンター:ワールド』の機種別売上について示唆する発言を海外インタビューにて行いました。

Molant氏はヨーロッパ、中東/アフリカ、イギリスでのマーケティングディレクターを務めている人物。海外メディアPCGamesInsiderのインタビューに応じた同氏は、具体的な他プラットフォームの順位は語っていないものの、"PC版は2番目に売れた機種"とし、Steam版リリース以降、ヨーロッパで非常に好調だったことが明かされました。また、同シリーズはコンソール版が中心であったため、PC版は後日リリースされましたが、それが結果として別途のプロモーションやPR・マーケティングを生んだともしています。ちなみに、ヨーロッパ圏でPC版が好調だったのはドイツやロシアとのことです。

なお、Molant氏は同作の成功に基づく、今後の成功の鍵「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のニュースが今後より多く届けられると言及しています。『モンスターハンター:ワールド』は発売以来、Steam版の同時接続ユーザーのピーク値も十分に維持しており、記事執筆時点(2019年3月15日)でも27,499人です。これは同時期のSteamのトップ20圏内に入る値で、カプコンCOOの辻本 春弘氏も、先日公式サイトにて「PCプラットフォームの普及拡大も見逃せません」と言及。重要プラットフォームへと位置づける旨を語っています。

『モンスターハンター:ワールド』PC版はSteamにて配信中。拡張DLC「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のPC版発売もアナウンスされていますが、時期は未定となっています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『LoL』新PROJECTスキン「Reckoning」トレイラー!生体改造された廃棄者はThe City侵入を目指す

    『LoL』新PROJECTスキン「Reckoning」トレイラー!生体改造された廃棄者はThe City侵入を目指す

  2. 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

    『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

  3. 【吉田輝和の絵日記】80年代台湾ホラー『還願 Devotion』ある一家に起きた不幸をビビリが解き明かす

    【吉田輝和の絵日記】80年代台湾ホラー『還願 Devotion』ある一家に起きた不幸をビビリが解き明かす

  4. ごろつきローグライト『Streets of Rogue』正式リリース、Steam早期アクセスでは”圧倒的に好評”の評価

  5. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

  6. 『人狼』と雪山サバイバルが融合?『Project Winter』日本語対応でSteam早期アクセス開始【UPDATE】

  7. 『Dota Underlords』全ベータテスターに「プロトパス」提供―「シーズン1バトルパス」に向けたテスト

  8. 『Mount & Blade II: Bannerlord』マルチプレイにおけるクラスシステムを紹介―コスト制リスポーンを採用

  9. 本格SWATシューター『Ready Or Not』日本からの予約数は世界でも上位?αテストはベータ開始1週間前まで実施

  10. 『LostArk(仮称)』プレイレポ―シネマティックダンジョンや爽快感あふれるアクションに注目

アクセスランキングをもっと見る

page top