ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

デベロッパーMotion Twinは、2D探索アクション『Dead Cells』の販売数が100万本を突破したことを明らかにしました。

PC Windows
ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!
  • ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!
  • ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!
  • ローグヴァニア『Dead Cells』の販売数が100万本を突破!

デベロッパーMotion Twinは、2D探索アクション『Dead Cells』の販売数が100万本を突破したことを明らかにしました。


『Dead Cells』は、PCを対象に2017年5月に早期アクセスが開始されたアクションゲームです。2018年8月の正式版発売時には、海外メディアで高い評価を得ることになりました。日本向けにもPS4やニンテンドースイッチ、海外向けにはXbox Oneでも展開。反復して楽しめる「ローグライク」要素と、『メトロイド』や『キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)』に代表される探索要素の「メトロイドヴァニア」を掛け合わせた、「ローグヴァニア」と開発元によりジャンル付けがされています。

この度、開発元Motion TwinのゲームデザイナーSebastien Benard氏は、本作が100万本以上販売されたことを明らかにしました。海外メディアUSGamerが伝える「GDC2019」での氏の話では、販売全体の6割がPC版、残りの4割のコンソール版はスイッチが大部分を占めるとのことです。当初本作の開発は、会社の存続を賭けた企画の一環として立案され、基本プレイ無料の作品であったことが改めて明かされています。Game*Sparkの「注目インディーミニ問答」の開発者インタビューでも、開発の経緯が話されています。その他、プレイレポートも掲載しています。


3月29日に無料の拡張「Rise of the Giant」が配信予定の『Dead Cells』は、PC/Mac/Linux版がSteamGOG.com等で販売されているほか、国内向けコンソール版がPS4/スイッチで販売中です。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

    話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

  2. 芸能界の光も闇も併せ呑め!アイドル育成・事務所経営ストラテジー『Idol Manager』国内PV公開

    芸能界の光も闇も併せ呑め!アイドル育成・事務所経営ストラテジー『Idol Manager』国内PV公開

  3. 17年の時を経てIO Interactive開発TPS『Freedom Fighters』PC版再販スタート―最初の1週間は33%オフ

    17年の時を経てIO Interactive開発TPS『Freedom Fighters』PC版再販スタート―最初の1週間は33%オフ

  4. 『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

  5. 賞金稼ぎのガチョウが悪を討つ! 2D横スクロールガンACT『マイティ・グース』PC/コンソール向けに2021年発売

  6. NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

  7. はみ出し者たちとエイリアンに立ち向かえ!『Serious Sam 4』ストーリートレイラー公開

  8. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

  9. 最大64人のラウンド制チームバトル、物資は購入式!『PUBG』ラボ新モード「Arena Mode」開催

  10. NVIDIA「GeForce RTX 3070」10月15日発売予定!「RTX 3080」レビューは9月16日解禁に

アクセスランキングをもっと見る

page top