ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Motion Twin開発、PC/Mac/Linux/PS4/Xbox One/スイッチ向けに8月7日リリースされたローグヴァニア『Dead Cells』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】
  • ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】
  • ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】
  • ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】
  • ローグヴァニア『Dead Cells』「当初、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスブラウザゲームだった」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Motion Twin開発、PC/Mac/Linux/PS4/Xbox One/スイッチ向けに8月7日リリースされたローグヴァニア『Dead Cells』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ローグライクとメトロイドヴァニアを融合させたローグヴァニア。死んだら初めからやり直しとなり、ダンジョンの形も周回ごとにランダム生成。しかしゲームはスピーディーな2Dアクションとなっており、経験と腕前が生死を分けます。日本語にも対応しており、プレイレポも掲載中。

『Dead Cells』は2,480円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Motion Twin:2001年からフランス・ボルドーで活動するゲームスタジオ、Motion Twinです。最初はブラウザゲームからスタートしたのですが、それからモバイルゲームを数年開発し、ついにコンソールとPCで初となるタイトル『Dead Cells』をリリースすることができました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Motion Twin:本作は私たちが以前作り、成功を収めた『Die2Nite』の続編として開発がスタートしました。実は当初、本作はブラウザ上で動く、基本無料のマルチプレイヤータワーディフェンスゲームだったのです!死ねば最初からやり直し、ランダム生成などの要素はこの時からあったのですが、それ以外にこのバージョンから受け継がれているものはほとんどありません。私たちはアルファ版を作り、ゲーム展示会に出展し、プレイヤーたちの反応を見ました。受け取ったフィードバックを元に、あまり面白くなかった戦略パートをカットすることとなりました。結果、アクション部分に重点を置くことになったのです。リードデベロッパーのSebastien BenardとリードアーティストのThomas Vasseurが『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』の大ファンであったことから、このシリーズから大きな影響を受けることとなりました。

――本作の特徴を教えてください。

Motion Twin:グラフィック面で言うと、ユニークなピクセルアートがあります。3Dワークフロー、たくさんのパーティクル、シェーダー、ダイナミックライティングシステム、そして多くのゲームデベロッパーが使うのを躊躇するようなモダンなテクニックを採用しています。ゲームプレイ面でも同様です。『Dead Cells』はレトロに見えるかもしれませんが、できるだけわかりやすくスムーズな操作性を目指して開発しました。最後に、メトロヴァニアとローグライクのミックスはいまでもかなりレアだと思いますよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Motion Twin:『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』、『ディアブロ』、『DARK SOULS』、『Rogue Legacy』、『Enter the Gungeon』や『The Binding of Isaac』といった最近のローグライトゲームが主なインスピレーションの源です。アート面ですと、『Hyper Light Drifter』、『Chasm』、『Firewatch』、『No Man’s Sky』からも大きな影響を受けています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

(日本語でご回答いただいたので、そのまま掲載いたします)

Motion Twin:ゲームの歴史ある国で、『Dead Cells』が注目されていることを光栄に思います。全プラットフォームにおいて、日本は北米に次いで約50,000本という世界第2位のセールスを記録しました!

今日という日まで、ゲーム業界を支えてくださっている日本のプレイヤーとゲーム開発者に感謝を伝えたいです。皆さんが『Dead Cells』を楽しんでくれますように!何かあれば気軽にTwitterなどでご連絡ください!

――ありがとうございました。


《SEKI》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top