Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売

Razerは、アナログ接続のゲーミングヘッドセット「Kraken」と、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Nari」シリーズの3種類、合計4製品を3月29日に発売することを発表しました。

ゲーム機 周辺機器
Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
  • Razer、アナログ接続の「Kraken」とワイヤレス「Nari」ヘッドセットシリーズを3月29日に発売
Razerは、アナログ接続のゲーミングヘッドセット「Kraken」と、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Nari」シリーズの3種類、合計4製品を3月29日に発売することを発表しました。

Kraken



「Kraken」は、現在発売されている「Razer Kraken Pro V2」の後継機種にあたる製品で、従来製品の良さはそのままに、より厚みのあるソフトパッドをヘッドバンドに搭載。より快適に長時間プレイができるようになりました。また、イヤークッションにはメガネのフレームを圧迫しないよう、アイウェアリリーフという隙間が設けられています。

マイクブームは折り曲げて好みの位置に調整でき、使用後は内部に収納することが可能。端子も従来製品と同様に、3.5mmの4極端子、3.5mmのヘッドホン・マイクの個別端子でも使用できます。

グリーンとブラックの2色展開となる「Kraken」は、3月29日より、11,664円(税込)で発売予定です。

Nari



「Nari」シリーズは、遅延の少ない2.4GHz帯を使用したワイヤレスゲーミングヘッドセット。40mmまたは50mmの大型ダイヤフラムを採用し、高音質かつ迫力のあるサウンドを体感できます。Razerの他のヘッドセットと同様に、イヤークッションには冷却ジェルが注入、さらに肌触りの良いサラッとした素材が採用され、長時間の使用でも蒸れにくくなっています。ワイヤレス機能は最大12mの距離で使用することができ、また、ケーブルを繋げることで有線のヘッドセットとしても使用可能です。

全製品において、周囲360度にサウンドを広げるTHX Spatial Audioに対応しており、Nari EssentialとNari UltimateがRazer Chromaに対応、さらにNari Ultimateのみ、ゲーム内のオーディオ再生とリンクして振動する、Razer HyperSenseを採用しています。

Nari Essential」(15,984円)、「Nari」(22,680円)、「Nari Ultimate」(32,184円)は3月29日より発売予定(価格はいずれも税込)。製品の詳細については、商品名のリンクから確認可能です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  2. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

    可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  3. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  4. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  5. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  6. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  7. 訓練用VR医療シミュ『Trauma Simulator』Steamストア公開―米国防総省なども協力、これで事件事故でも安心?【UPDATE】

  8. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  9. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  10. AMDが新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表!10月下旬より搭載PCが順次発売

アクセスランキングをもっと見る

page top