『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明

キャラから武器まで様々なスキンが用意されている『フォートナイト』ですが、同作のスキンに盗作の疑いが持ち上がったものの、程なくしてフェイクであることが発覚しました。

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明
  • 『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明
  • 『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明
右側が「タロー」

キャラから武器まで様々なスキンが用意されている『フォートナイト』ですが、同作のスキンに盗作の疑いが持ち上がったものの、程なくしてフェイクであることが発覚しました。

事の発端は、海外のアート投稿サイトDeviant ArtのユーザーRuby Ramirez氏によるFacebookの投稿。現在では、当該の投稿は削除されてしまい見られませんが、『フォートナイト』「バトルロイヤル」内のスキン「タロー」が自身のイラストの盗作であると主張する内容でした。同氏は、「タロー」とそれに酷似したイラストを並べた画像を公開しており、前者のゲーム内実装が2018年11月24日であるのに対し、後者は同年9月3日に投稿されたものであるとしています。疑惑をかけられた当のEpic Gamesは、海外メディアForbesに対し、「厳格に受け止め、調査中」とコメントしました。


しかし、ほどなくしてFacebookの投稿がフェイクであることが発覚。Ding Dongさんは、Googleのキャッシュを利用して閲覧できる過去ページを掲載しており、フェイクの証拠を確認可能です。また、Deviant ArtのユーザーであるPyro-Zombieさんは、ブログポストに詳細をまとめています。

なお、Game*SparkではEpic Gamesに対し、虚偽の報告に関する対策など、今後の動きについてコメントを求めています。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. アニメ版『シェンムー』シーズン1で終了に…プロデューサーは「S2を準備するほど好調だったのに」とコメント

    アニメ版『シェンムー』シーズン1で終了に…プロデューサーは「S2を準備するほど好調だったのに」とコメント

  2. 地獄のドバイを新たな視点で!『Spec Ops: The Line』の一人称視点Modが開発中

    地獄のドバイを新たな視点で!『Spec Ops: The Line』の一人称視点Modが開発中

  3. チラズアートのJホラー『地獄銭湯』Steamでリリース―銭湯で“後ろに誰かがいるような”体験を

    チラズアートのJホラー『地獄銭湯』Steamでリリース―銭湯で“後ろに誰かがいるような”体験を

  4. SFC時代の名作を彷彿させるアクション・アドベンチャーRPG『Airoheart』配信!

  5. 「ありがとう」溢れた15年の終わり『ファンタジーアース ゼロ』サービスに終止符―『FEZ』最後の瞬間には多くのプレイヤーの声止まず

  6. ピンク人間がわちゃわちゃ戦うローグライクなオートバトル『Despot's Game』正式リリース!

  7. 任天堂の黒歴史…最も人気がなかったゲーム機「バーチャルボーイ」のすべてがわかる『VIRTUAL BOY WORKS HARDCOVER BOOK』改訂版を発売

  8. 高評価ローグライト『Vampire Survivors』正式リリース日決定!v1.0では日本語にも正式対応

  9. パンツも脱げるし殴り合いにもなる大人向け恋愛ADV『House Party』正式リリース日決定!

  10. 魔女ビジュアルノベル『Witchy Life Story』Steamにてリリース―小さな村で過ごす魔法と友情と恋の2週間

アクセスランキングをもっと見る

page top