『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など

Kyle Gabler氏は、Tomorrow Corporationのサイト上において、『World of Goo(グーの惑星)』のPC/Mac/Linux版のアップデートを約10年越しに行ったことを発表しました。

PC Windows
『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など
  • 『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など

Kyle Gabler氏は、Tomorrow Corporationのサイト上において、『World of Goo(グーの惑星)』のPC/Mac/Linux版のアップデートを約10年越しに行ったことを発表しました。

『World of Goo』は、2008年に発売されたアクションパズルゲーム。発表を行ったGabler氏は、インディースタジオ2D BOYにおいて『World of Goo』の開発を担当。現在は当スタジオのブログが閉鎖していることから、自身が現在主に活動する別の開発スタジオTomorrow Corporationのサイト上で本作のアップデートを報告しました。

今回アップデートが行われたのはPC/Mac/Linux版。氏によると、「2008年か2009年以来初」ということで、およそ10年越しのアップデートとなります。

配信されたアップデートは、フレームレートの向上やワイドスクリーン、HD対応など、リマスターと呼べるような内容となっており、「新たなレベル、キャラクター、バトルロイヤルデスマッチモードは追加されていない」とのこと。以前2dboy.comで本作を購入した人は、当時のダウンロードリンクから新しいPC版とMac版をダウンロードすることが可能となっています。Linux版も近日中に追加されるとのこと。また、当時のレシートが見つからない人はこちらにメールアドレスを入力することで、検索することも可能となっています。

記事執筆時点では上記のサイト上でのみアップデートが配信されていますが、順次他の販売サイトでも配信を開始する予定とのこと。しばらく本作から離れていた方も、これを機にもう一度本作に触れてみるのも良いかもしれませんね。

『World of Goo』は、PC/Mac/Linux/ニンテンドースイッチ/iOS/Androidで配信中です。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドACT『Eden Rising』正式版が配信開始―最大8人の協力プレイ対応

    オープンワールドACT『Eden Rising』正式版が配信開始―最大8人の協力プレイ対応

  2. 『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!

    『ダンジョンキーパー』風ダンジョン建築ストラテジー『War for the Overworld』日本語正式対応!

  3. 【吉田輝和の絵日記】スナイプTPS『Sniper Elite V2 Remastered』敵地に潜入し、狙撃ポジションを見つけ、暗殺!

    【吉田輝和の絵日記】スナイプTPS『Sniper Elite V2 Remastered』敵地に潜入し、狙撃ポジションを見つけ、暗殺!

  4. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  5. スクエニRPG『オクトパストラベラー』PC版の予約が開始!

  6. 史上最大の独裁者との恋愛シム『Sex with Stalin』Steamストアページ登場―名前からしてヤバすぎる…

  7. 発売直前に日本語が削除された『A Plague Tale: Innocence』日本語化の作業がまもなく完了―6月上旬に対応予定

  8. 有名DRPGの日本産スピンオフがSteamに登場!『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』PC版発表―日本語対応

  9. 現代戦FPS『World War 3』大型アップデート実施! 40%オフセールも実施

  10. 学生開発の無料ヒーローACT『UNDEFEATED』Steam配信予定!オープンワールドを爽快に飛び回れ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top