『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など

Kyle Gabler氏は、Tomorrow Corporationのサイト上において、『World of Goo(グーの惑星)』のPC/Mac/Linux版のアップデートを約10年越しに行ったことを発表しました。

PC Windows
『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など
  • 『World of Goo』が約10年越しのアップデート―フレームレート向上やHD対応など

Kyle Gabler氏は、Tomorrow Corporationのサイト上において、『World of Goo(グーの惑星)』のPC/Mac/Linux版のアップデートを約10年越しに行ったことを発表しました。

『World of Goo』は、2008年に発売されたアクションパズルゲーム。発表を行ったGabler氏は、インディースタジオ2D BOYにおいて『World of Goo』の開発を担当。現在は当スタジオのブログが閉鎖していることから、自身が現在主に活動する別の開発スタジオTomorrow Corporationのサイト上で本作のアップデートを報告しました。

今回アップデートが行われたのはPC/Mac/Linux版。氏によると、「2008年か2009年以来初」ということで、およそ10年越しのアップデートとなります。

配信されたアップデートは、フレームレートの向上やワイドスクリーン、HD対応など、リマスターと呼べるような内容となっており、「新たなレベル、キャラクター、バトルロイヤルデスマッチモードは追加されていない」とのこと。以前2dboy.comで本作を購入した人は、当時のダウンロードリンクから新しいPC版とMac版をダウンロードすることが可能となっています。Linux版も近日中に追加されるとのこと。また、当時のレシートが見つからない人はこちらにメールアドレスを入力することで、検索することも可能となっています。

記事執筆時点では上記のサイト上でのみアップデートが配信されていますが、順次他の販売サイトでも配信を開始する予定とのこと。しばらく本作から離れていた方も、これを機にもう一度本作に触れてみるのも良いかもしれませんね。

『World of Goo』は、PC/Mac/Linux/ニンテンドースイッチ/iOS/Androidで配信中です。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 巨大サメになって大暴れするオープンワールドアクションRPG『Maneater』配信開始!

    巨大サメになって大暴れするオープンワールドアクションRPG『Maneater』配信開始!

  2. 『CoD:MW』『Warzone』退役軍人の社会復帰を支援するための「Fearless Pack」が発売中

    『CoD:MW』『Warzone』退役軍人の社会復帰を支援するための「Fearless Pack」が発売中

  3. PC版『Halo 3』のパブリックテストが早ければ6月前半より実施される予定

    PC版『Halo 3』のパブリックテストが早ければ6月前半より実施される予定

  4. ゾンビサバイバル『DayZ』Steamにて5月26日まで週末フリープレイ―40%オフセールも同時開催

  5. 『ロックマンエグゼ』風グリッドベース戦術ARPG『Hero.EXE』Steamにてデモ版配信

  6. 人を食べて世界を救え!人喰いザメアクションRPG『Maneater』ローンチトレイラー公開

  7. タイル1枚から宇宙船を建造するコロニー船運営SLG『Space Haven』早期アクセス開始

  8. 『Saints Row: The Third - Remastered』PC/海外コンソール配信開始!

  9. 『テラリア』PC版大型アップデート「Journey's End」の膨大なチェンジログが公開

  10. 『Risk of Rain 2』PC版正式リリースは8月―コンソール版1.0アップデートは秋予定

アクセスランキングをもっと見る

page top