アミューズメント業界紙「ゲームマシン」アーカイブ発表―1974年からの日本の貴重なゲーム史料が無料公開に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アミューズメント業界紙「ゲームマシン」アーカイブ発表―1974年からの日本の貴重なゲーム史料が無料公開に

アミューズメント通信社は、プログラム言語「HSP」などで知られるおにたま氏と協力し、同社の発行するアミューズメント業界紙「ゲームマシン」の過去アーカイブをインターネット上で無料にて公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
アミューズメント業界紙「ゲームマシン」アーカイブ発表―1974年からの日本の貴重なゲーム史料が無料公開に
  • アミューズメント業界紙「ゲームマシン」アーカイブ発表―1974年からの日本の貴重なゲーム史料が無料公開に
  • アミューズメント業界紙「ゲームマシン」アーカイブ発表―1974年からの日本の貴重なゲーム史料が無料公開に
アミューズメント通信社は、プログラム言語「HSP」などで知られるおにたま氏と協力し、同社の発行するアミューズメント業界紙「ゲームマシン」の過去アーカイブをインターネット上で無料にて公開しました。

今回公開された範囲は第一号である1974年8月10日号から、1980年末までのもの。スロットや各種エレメカの時代から、ピンボール台の隆盛、そして1978年終盤からはインベーダーゲームの登場・爆発的な普及からの本格的なTVゲームの幕開けと言った内容を、当時の世相や各種アミューズメント業界関連法律の整備などなどのトピックを通じて知ることができます。

1979年付近では当時まだ建設計画中であった「東京ディズニーランド」に関する話題など、令和からは隔世の感溢れる内容なども。

アーカイブ公開にあたって、おにたま氏はアーカイブがビデオゲームの最初期である1974年から爆発的に拡大した1979年も含めて、日本で起こった事実を正確に記録した一次ソースとして、非常に高い価値を持っているとコメント。ネット上でのアーカイブ無料公開が日本国内外のゲームの歴史研究家にとって、画期的なことであるとしました。アーカイブは今後1981年以降へも拡大される予定です。

なお、このアーカイブの著作物の権利はアミューズメント通信社に帰属し、広告の著作権はそれぞれの広告主に属したままであり、引用などには適切な要件を満たす必要があります。またアミューズメント通信社は、承諾不要な引用の場合でも可能な限り連絡してほしいとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ユーチューバーPewDiePie、2020年からYouTube活動を休止すると宣言

    ユーチューバーPewDiePie、2020年からYouTube活動を休止すると宣言

  2. 「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

    「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】

  3. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

    e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

  4. PewDiePie、『Firewatch』開発による著作権侵害申し立てにコメント―「著作権は検閲のためのものではない」

  5. 2019年の「ネット流行語100」が発表!『Undertale』『スマブラSP』『ポケモン剣盾』などがランクイン

  6. 海外アーティストが『ストリートファイター6』のロゴを独自にデザイン! 小野義徳氏も称賛

  7. PewDiePieが人種差別発言を謝罪する映像を投稿、『Firewatch』配信映像の削除を受けてか【UPDATE】

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. Epic Games、ダンサーに苦情申し立て―同氏からの『フォートナイト』エモート使用中止要請に対し

  10. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top