フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場

デベロッパーRanida Gamesは、2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』のSteam早期アクセスを開始しました。

ゲーム文化 インディーゲーム
フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場
  • フィリピン産2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』早期アクセス開始! 実在の人物をモデルにしたキャラクターが登場

フィリピンのデベロッパーRanida Gamesは、2D対戦格闘ゲーム『BAYANI』のSteam早期アクセスを開始しました。



本作はテンポの速い1vs1の対戦格闘ゲームです。アクセシビリティを念頭に置いて設計されており、シンプルな6ボタン操作で、とっつきやすくもマスターは難しいゲームプレイになっているとのこと。また、登場するキャラクターはフィリピンの独立運動に取り組んだホセ・リサールをはじめとした、同国の歴史上の実在人物をモデルにしているそうです。





現段階で4人のプレイアブルキャラクター、アーケードモード、バーサスモード、トレーニングモードなどを特色とする早期アクセス版『BAYANI』は、通常価格1,680円で配信中(6月19日までは25%オフの1,230円)。さらなるキャラクターやゲームモードも追加される正式版は2019年Q4にリリース予定となっています。





《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

    Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

  2. 前作以上にやりたい放題!『オーバーウォッチ』vs『TF2』動画のエピソード2が公開

    前作以上にやりたい放題!『オーバーウォッチ』vs『TF2』動画のエピソード2が公開

  3. モモンガサバイバルADV『AWAY: The Survival Series』Kickstarterキャンペーン開始!

    モモンガサバイバルADV『AWAY: The Survival Series』Kickstarterキャンペーン開始!

  4. Amazonプライム会員向けビッグセール「プライムデー」7月15日から48時間開催! ゲーム関連商品の登場にも期待

  5. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. CDPRも製作協力!TRPG『Cyberpunk』新版『Cyberpunk Red』スターターボックスのカバー画像が公開

  8. 『オーバーウォッチ』vs『Team Fortress 2』!海外ファンによる力作動画

  9. 忍ism、所属選手13名の契約終了を発表―ストリーマーなど3部門で

  10. 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top