『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

海外では7月26日、国内では8月8日に発売予定となっている『Wolfenstein: Youngblood』および『Wolfenstein: Cyberpilot』ですが、Bethesda Softworksはシリーズで初めて無規制のインターナショナル版をドイツで発売することを発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定
  • 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定
  • 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

海外では7月26日、国内では8月8日に発売予定となっている『Wolfenstein: Youngblood』および『Wolfenstein: Cyberpilot』ですが、ベセスダ・ソフトワークスはシリーズで初めて無規制のインターナショナル版をドイツで発売することを海外発表しました。


ドイツにおいてはナチスの表現の取り扱いが厳しく、過去作ではテクスチャやセリフなどの変更が行われた他、インターナショナル版のSteam販売がブロックされていました(ギフトやキーの有効化も不可)。しかしながら同国の倫理審査機関USKの規制緩和により、今回はインターナショナル版の発売が可能になったということです。

『Wolfenstein: The New Order』での変更点(Eurogamerより)

前述のようにシリーズ初の無規制版ということで、今回の発表はドイツのファンにとって非常に嬉しいのではないでしょうか。ただ、リリースは常に最終的な製品に基づくケースバイケースでの決定となるため、ベセスダはインターナショナル版と並行して規制ありのドイツ版を開発しているとのことです(バイオレンス表現はインターナショナル版と同等)。
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. 『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

    『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

  3. ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

    ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

  4. 新型スイッチや『スプラ3』『ゼルダBotW』続編の情報は出る?6月16日の「Nintendo Direct E3 2021」で発表されそうな新作タイトル予測まとめ

  5. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  6. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  7. 新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top