Bethesdaが『Wolfenstein: The New Order』のナチス描写や暴力表現描写に言及、ドイツなどで別バージョンが発売へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bethesdaが『Wolfenstein: The New Order』のナチス描写や暴力表現描写に言及、ドイツなどで別バージョンが発売へ

パブリッシングを担当するBethesda Softworksが同作に登場するナチス描写に関して公式ブログで言及し、ドイツなど一部地域ではインターナショナル版とは異なるバージョンをリリースすると明らかにしました。

家庭用ゲーム PS4
海外では5月20日の発売まで残り1ヶ月を切ったFPSシリーズ最新作『Wolfenstein: The New Order』ですが、パブリッシングを担当するBethesda Softworksが同作に登場するナチス描写に関して公式ブログで言及し、ドイツなど一部地域ではインターナショナル版とは異なるバージョンをリリースすると明らかにしました。

Bethesdaは『Wolfenstein: The New Order』にはナチ関連のシンボルやコンテンツが登場するため、ドイツにてインターナショナル版(ドイツ語を含まない)を販売や輸入および輸出、配信した場合には暴力表現も含めドイツの刑法典に触れることになるとコメント。ゲームの没収に加え高額の罰金と懲役3年が科せられ、訴訟の対象は関与していた企業の社員や従業員にも及ぶと伝えています。

さらにPC向けインターナショナル版が販売されたり配信される事態を防ぐため、同版には地域規制がかけられておりドイツではゲームがアクティベート出来ないことをBethesdaは告白。一方でドイツやオーストラリアなど一部地域でプレイ可能となるドイツ言語対応版は、ナチス表現が規制されるものの暴力表現には一切手が加えられていないことも報告しています。

なお『Wolfenstein: The New Order』は国内でも表現規制を掛けずCERO Zにてリリース予定。PC版での販売も予定されており対応言語には日本語が含まれていますが、現在Steamでは商品ページへアクセス出来ない状況が続いています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

    『オーバーウォッチ』「ハロウィン・テラー2019」開幕―「ジャンケンシュタインの復讐」、ウィークリー・チャレンジも

  2. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

    PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  3. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  4. 『ポケモン ソード・シールド』10月16日22時より最新情報が公開!23時からはゲームフリーク30周年記念生放送も

  5. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

  6. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  7. ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

  8. 『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

  9. 『ディビジョン2』10月のTU6に関する情報が続々公開、アイテムドロップの新仕様やPvP新モードなど

  10. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top