ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入

Mad CatzあらためMad Catz Globalがゲーミングマウス「R.A.T.+」シリーズ3モデルを引っさげて日本再上陸!

ゲーム機 周辺機器
ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
  • ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入
2010年、ウメハラ選手こと梅原大吾氏とプロモーション契約を結んで日本人初のプロゲーマーを誕生させて大きな話題を呼んだゲーミングデバイスメーカーMad Catz。その後、2017年3月に破産してしまいましたが、2018年1月に香港でMad Catz Globalとして復活。2019年6月28日より日本市場に再度参入し、ゲーミングマウス「R.A.T. 4+」、「R.A.T. 6+」、「R.A.T. 8+」の3モデルを発売すると発表しました。外観こそ、かつてMad Catzが販売した「R.A.T. 4」、「R.A.T. 6」、「R.A.T. 8」と似ていますが、仕様は最新のセンサーや技術で一新されています。

左から順に「R.A.T. 4+」、「R.A.T. 6+」

最上位モデルの「R.A.T. 8+」はパーツ交換による形状変更ができます

    R.A.T. 4+ 製品仕様
  • センサー:PixArt PMW3330
  • 最大解像度:7,200DPI
  • USBポートレイト:125/250/500/1,000Hz
  • 最大トラッキング速度:150IPS
  • 最大加速度:30G
  • プログラム可能ボタン数:9個
  • 左右ボタン最大耐久回数:2,000万回
  • サイズ(L×W×H):109.5×87.4×37.8mm
  • 重量:90g(※ケーブル除く)
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10
  • 保証期間:2年間

    R.A.T. 6+ 製品仕様
  • センサー:PixArt PMW3360
  • 最大解像度:12,000DPI
  • USBポートレイト:125/250/500/1,000Hz
  • 最大トラッキング速度:200IPS
  • 最大加速度:50G
  • プログラム可能ボタン数:11個
  • 左右ボタン最大耐久回数:5,000万回
  • サイズ(L×W×H):114.6×87.4×38.1mm
  • 重量:120g(※ケーブル除く)
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10
  • 保証期間:2年間

    R.A.T. 8+ 製品仕様
  • センサー:PixArt PMW3389
  • 最大解像度:16,000DPI
  • USBポートレイト:125/250/500/1,000Hz
  • 最大トラッキング速度:400IPS
  • 最大加速度:50G
  • プログラム可能ボタン数:11個
  • 左右ボタン最大耐久回数:5,000万回
  • サイズ(L×W×H):118.4×87.4×38.1mm
  • 重量:145g(※ケーブル除く)
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10
  • 保証期間:2年間

6月27日に開催されたメディア向けのブリーフィングでは、Mad Catz GlobalのセールスディレクターBill Lo氏が登壇。同社の掲げるミッションは「Dare to Lead(絶え間なく(業界を)リードし続ける意志)」であるとし、過去の失敗から学びつつも新たな技術や未来へ惜しみなく投資をして、すべてのゲーマーに報いるすばらしい商品を提供し続けたいと語りました。

また、「まだ詳細を話せる段階にはない」と前置きをしながらも"ゲーマーが求める将来の機能のため"にGoogle AIの研究も進めているそうです。

「Dare to Lead」の精神で業界をリードしていく、と語るBill Lo氏

さらに、Mad Catz Globalでは今後製品の発売前にFORCASグループの協力を得て、DFMEA(デザイン故障モード影響解析)とFMEA(故障モード影響解析)を実施するとのこと。DELLやトヨタ自動車も採用している最新の製造管理システムを導入することで、品質を重要視する姿勢を強調しました。

国内の代理店は廣瀬無線電機が担当。Mad Catzブランドの日本再上陸を記念し、ヨドバシカメラ全店とヨドバシ.comでキャンペーンを展開。6月28日から7月31日まで、「R.A.T. 4+」、「R.A.T. 6+」、「R.A.T. 8+」の割引キャンペーンを行うと発表しました。キャンペーン価格はそれぞれ以下のようになっています。なお、キャンペーン終了後の8月以降は販路を拡大していくとのことです。

    R.A.T. 4+
  • 希望小売価格:7,980円(税別)
  • キャンペーン価格:7,740円(税込)

    R.A.T. 6+
  • 希望小売価格:9,980円(税別)
  • キャンペーン価格:9,690円(税込)

    R.A.T. 8+
  • 希望小売価格:12,800円(税別)
  • キャンペーン価格:12,480円(税込)

今後は、新たなマウス「R.A.T. Unlimited」シリーズや、キーボード「S.T.R.I.K.E.」シリーズ、コントローラー、ヘッドセットなどを順次投入していくとのこと。さらにその先は、アーケードコントローラーの製作やプロゲーマーのスポンサードなども検討しているそうです。破産という苦難を乗り越えて、見事に復活したMad Catz。公式サイトやSNSの公式アカウントも、今回の再上陸を機に日本語にローカライズされたものが用意されるとのこと。今後の展開やラインナップに注目です。



今後日本でも投入される予定の製品
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

    さらなる没入感を実現する『CoD:MW』レイトレーシング対応プレイ映像!【gamescom 2019】

  2. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

    PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  3. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  4. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  5. Razerより新色「Mercury White」ゲーミングデバイス9種が発売決定―8月30日より

  6. HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

  7. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  8. Hyperkinがニンテンドウ64互換機の登場を予告―プロトタイプ版の映像を公開

  9. 史上最悪の単調ゲームがVRに!『Desert Bus VR』Steam無料配信―リアルタイム8時間ドライブ

  10. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top