販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに

高評価ながら、開発メインスタッフの意図しない政治的揶揄の混入により販売中止となっている台湾のRed Candle Gamesが開発したホラーゲーム『還願 DEVOTION』ですが、中国でのパブリッシャーIndieeventが営業免許の取り消しに至ったことが報じられました。

ニュース ゲーム業界
販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに
  • 販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに
  • 販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに
高評価ながら、開発メインスタッフの意図しない政治的揶揄の混入により販売中止となっている台湾のRed Candle Gamesが開発したホラーゲーム『還願 DEVOTION』ですが、中国でのパブリッシャーIndieeventが営業免許の取り消しに至ったことが報じられました。

これはPC Gamerを始めとする海外メディアのほか、中国タイトルなどの日本・欧米展開で知られるAnother Indieの共同創業者Iain Garner氏らにより伝えられたもの。告知文書では「国家安全保障及び社会公益を危険に晒す」内容を含んだ、『還願 DEVOTION』の販売を、販売開始からの数日間に渡って行っていたことが処分へ繋がった旨が記載されています。

同作は、1980年代台湾の古いマンションを舞台にした心霊ホラータイトル。2019年2月20日の発売開始後、ゲーム内コンテンツに習近平国家主席への政治的な揶揄などが含まれていたとして、一部で問題となっていました。該当の内容は問題発覚直後に速やかに差し替えが行われていましたが、QAチェックやゲームコンテンツの総見直しのために、発売から一週間を待たず販売中止に。また、この問題を受け中国地域外の販売を担当しているパブリッシャーWinking Entertainmentとの契約も解除されていました。

プレイしたユーザーからは非常に高評価を持って迎えられた同作。現在、Steamなどでも購入が不可能となっていますが、果たして再び発売することは叶うのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. チェルノブイリ原発事故の処理に挑む『Chernobyl Liquidators Simulator』発表―モンスターは出ない現実路線

    チェルノブイリ原発事故の処理に挑む『Chernobyl Liquidators Simulator』発表―モンスターは出ない現実路線

  2. 『ベア・ナックル』新作『Streets of Rage 4』の音楽制作に錚々たるメンバーが集結! 舞台裏映像公開

    『ベア・ナックル』新作『Streets of Rage 4』の音楽制作に錚々たるメンバーが集結! 舞台裏映像公開

  3. 名作タワーディフェンス最新作『Plants vs. Zombies 3』モバイル向けに開発進行中

    名作タワーディフェンス最新作『Plants vs. Zombies 3』モバイル向けに開発進行中

  4. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  5. アトラス×ヴァニラウェア『十三機兵防衛圏』11月28日発売― ゲームシーン盛り沢山の最新映像も

  6. 超大人数技術デモ『EVE Aether Wars』フェーズ2の登録受付開始―『EVE Online』世界の大規模宇宙戦に身を投じよう

  7. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  8. ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 物語性のある新作『PUBG』開発中!『CoD:MW3』『Dead Space』を手掛けたGlen Schofield氏率いる新スタジオが発表

アクセスランキングをもっと見る

page top