『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート

コトブキヤは、バンダイナムコエンターテインメントのフライトシューティング『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』に登場するオリジナル機体1/144「X-02S」を11月に発売すると発表しました。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート
  • 『エースコンバット7』架空機プラモ1/144「X-02S」11月発売!EMLやベースも付属し予約もスタート

コトブキヤは、バンダイナムコエンターテインメントのフライトシューティング『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』に登場するオリジナル機体1/144「X-02S」を11月に発売すると発表しました。

「X-02S」はストーリー後半に登場するオリジナル機体(通称: ストライクワイバーン)で、過去作に登場した「X-02」を空軍が大幅改修した機体として位置づけられています。


今回発売される「X-02S」は、一部塗装済みパーツを使用した通常版と、塗装派ユーザー向けの未塗装モデル〈For Modelers Edition〉の2種類が発売。通常版では、カナードと主翼、尾翼、機首部など計14パーツが塗装済みで、そのまま組み立てるだけでも劇中に登場したミハイカラー(スキン03)を再現出来ます。


「X-02S」の特徴的な可変前進翼を筆頭とした巡航形態は、カナードと主翼、尾翼の6パーツを差し替えることで再現。さらに推力偏向ノズルも収縮/解放の2種類も付属。エンジンはボールジョイント接続であることから少し引き出すことでノズルの向けを変えられます。



他にも武装では、機体下部にあるウェポンベイとミサイルが再現され、特殊兵装の1つである展開式大型電磁投射砲「アークライト」もディスプレイミニベースのアームと共に取り付け可能です。


加えて、ディティールにもこだわりを感じる作りとなっており、主脚と前脚の展開/収納状態を差し替えで表現できるほか、パイロット2名とミハイ機に付いている飛行補助AI「コプロ」も付属。デカールでは、EASAやソル隊のマーク、エルジア/オーシアのラウンデルと3本の罪線と3本爪も備えられています。


ロール軸を追加したディスプレイベース、巡航形態と通常状態の差し替え再現、豪華デカール、2名のパイロット+コプロ、ミサイル/特殊兵装など1/144戦闘機キットとしては多くのオプションが付属する豪華なプラモデルです。


『エースコンバット5』でのX-02。単座型である他にエアインテークやエンジン、カナード、機首のパネルラインなど大まかなシルエットは似ていても細かな形状の違いが多い

なお、コトブキヤ公式ブログによれば『04』などに登場する「X-02」は細かな形状やパネルラインの違いから、設計と金型流用でのバリエーション展開は不可能とのこと。商品仕様は以下の通りです。

【商品仕様】
・接着剤不要のスナップフィットモデルです。
・特徴的な可変翼機構はカナード・主翼・尾翼それぞれの差し替えにて再現しております。
・ランディングギアの展開・収納をパーツの差し替えにて再現しております。
・胴体中央部・エンジン部ウェポンベイの開閉を差し替えにて再現。パイロン付きミサイルと大型電磁投射砲「アークライト」を装着可能です。
・エンジンノズルは亜音速時・超音速時の形状変化を差し替えにて再現。取付部はボールジョイント化されており推力偏向を再現出来ます。
・パイロットフィギュア2体に加えAIユニット「コプロ」が付属し、コクピットに着座させることが可能です。
・ミニベースと専用接続パーツが付属し、飛行状態でのディスプレイが可能です。
・各部のマーキングやエンブレムを再現する水転写デカールが付属します。本デカールは「X-02S〈For Modelers Edition〉」にも共通のものが付属します。

「X-02S」は2019年11月に発売予定。価格は、通常版が4,800円(税抜)、無塗装の〈For Modelers Edition〉が3,800円(税抜)です。また2018年11月に発売された1/144「XFA-27」と「XFA-27〈For Modelers Edition〉」も2019年11月に再販されます。


《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PS5の起動画面を収めたフェイクムービーはいかにして作られたか…その制作過程を収めた動画

    PS5の起動画面を収めたフェイクムービーはいかにして作られたか…その制作過程を収めた動画

  2. Netflixドラマ「ウィッチャー」第1話で繰り広げられた迫力の殺陣はこうして撮られた―ゲラルト役ヘンリー・カヴィルが動画で語る

    Netflixドラマ「ウィッチャー」第1話で繰り広げられた迫力の殺陣はこうして撮られた―ゲラルト役ヘンリー・カヴィルが動画で語る

  3. 90年代風ホラー『Alisa』パブリックデモ公開! 機械仕掛けのドールが襲いかかる…

    90年代風ホラー『Alisa』パブリックデモ公開! 機械仕掛けのドールが襲いかかる…

  4. 『Plague Inc.』はあくまでゲームである―新型コロナウイルス感染拡大による注目受け開発チームがコメント

  5. 『サイバーパンク2077』国際写真コンテストの結果が発表!現実世界に見出すサイバーパンク

  6. 究極の親孝行! 海外の『フォートナイト』プロ選手が配信中に母親の学生ローンを完済

  7. 『モータルコンバット』長編アニメ「Mortal Kombat Legends: Scorpion's Revenge」トレイラー公開!

  8. 子育て世代の親の半数はゲーム規制条例案に賛成―ほけんROOMの意識調査で明らかに

  9. アタリ、ビデオゲームをテーマにした「Atari Hotels」の展開を発表! 第1号は2020年内に建設開始

  10. 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』世界最速スピードランが大幅更新―『スターフォックス64』“アーウィン”呼び出しも可能にしたあくなき探求の果て【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top