映画「名探偵ピカチュウ」ゲーム原作映画の全世界歴代興収で2位に―トップの「Warcraft」にも肉薄 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画「名探偵ピカチュウ」ゲーム原作映画の全世界歴代興収で2位に―トップの「Warcraft」にも肉薄

既にアメリカ国内の興収はゲームジャンルで過去最高を記録。

ゲーム文化 カルチャー
映画「名探偵ピカチュウ」ゲーム原作映画の全世界歴代興収で2位に―トップの「Warcraft」にも肉薄
  • 映画「名探偵ピカチュウ」ゲーム原作映画の全世界歴代興収で2位に―トップの「Warcraft」にも肉薄
  • 映画「名探偵ピカチュウ」ゲーム原作映画の全世界歴代興収で2位に―トップの「Warcraft」にも肉薄
2019年5月公開の「映画「名探偵ピカチュウ」特別動画「What a Wonderful World」」

映画の世界的な興行収入を分析するBox Office Mojoにおいて現在公開中の映画「名探偵ピカチュウ(Pokemon Detective Pikachu)」の興行収入が歴代のゲーム映画で現在2位であることが明らかになりました。


日本では2019年5月9日より、北米では5月10日より封切られた『ポケットモンスター』を原作とする映画「名探偵ピカチュウ」は、現在ワールドワイドでの興収が429,102,251ドル(約467億円)を突破。1位のBlizzard EntertainmentのRTS『Warcraft』を原作とする2016年公開の「ウォークラフト(Warcraft)」の433,677,183ドル(約472億円)にも肉薄しています。

2015年12月公開の「『ウォークラフト』予告」

2018年2月公開の「映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報(ドウェイン・ジョンソン メッセージ付き)」

ちなみに3位はかつて存在したMidway GamesのアーケードACT『Rampage』を原作とする2018年公開の「ランペイジ 巨獣大乱闘(Rampage)」で428,028,233ドル(約466億円)です。こちらには、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが主演しています。

「名探偵ピカチュウ」は、5月の公開開始当初よりゲーム原作の映画では史上最高となるオープニング興収を記録していました。映画は現在も公開中であるため、ゲーム原作映画の総合的な興行収入でも歴代1位となるのは時間の問題です。なお、アメリカ国内での興収は既にゲーム原作作品としては史上最高を記録しています。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質FPSアクション『Bright Memory』が日本語対応! 33%オフのセールも実施

    個人開発の高品質FPSアクション『Bright Memory』が日本語対応! 33%オフのセールも実施

  2. 『DEATH STRANDING』ファンメイドのPS1風デメイク映像!確かにこんな感じかも…?

    『DEATH STRANDING』ファンメイドのPS1風デメイク映像!確かにこんな感じかも…?

  3. 『ポケモン 金・銀』20周年! 初のカラー対応、色違いポケモンが新登場・・・様々な展開が新たな冒険を彩る─公式Twitterでは思い出を募集中

    『ポケモン 金・銀』20周年! 初のカラー対応、色違いポケモンが新登場・・・様々な展開が新たな冒険を彩る─公式Twitterでは思い出を募集中

  4. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  5. 『ポケモン シールド』「色違いウールー」をゲットできなかったストリーマー、視聴者に5,000ドル相当のサブスクを贈呈

  6. 『DEATH STRANDING』日本語翻訳版公式アートブックの発売日が決定!予約もスタート

  7. 自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

  8. ストリーミングTVデバイス「Roku」が『ポケモン ソード・シールド』と干渉する不具合を修正―利用ポートなどが偶然の一致

  9. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  10. MMO『EverQuest』デザイナーのBrad McQuaid氏が逝去

アクセスランキングをもっと見る

page top