『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

NVIDIAは、『モンスターハンター:ワールド』にて今後対応予定のRTXカード向け新技術DLSSの効果を紹介するブログエントリを公開しました。

PC Windows
『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ
  • 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ
  • 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ
  • 『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応予定日が発表!高解像度下fpsが50%近く向上へ

NVIDIAは、『モンスターハンター:ワールド』にて今後対応予定のRTXカード向け新技術DLSSの効果を紹介するブログエントリを公開しました。

DLSS(Deep Learning Super Sampling)とは、機械学習技術を応用し非常に高速で美麗なアンチエイリアシングを実現するもの。NVIDIAによれば、この技術を用いることで高解像度テクスチャパックを利用した状態における3840x2160解像度の、50%近くに及ぶフレームレートの大幅な向上を行えるとのことです。


これにより、今まで60fpsに満たなかった同環境下での『モンハン:ワールド』動作がRTX2080Ti利用時には60fps以上となります。

なお、同アップデートでは画面シャープネスの調整も可能となるもようです。


『モンハン:ワールド』PC版のDLSS対応アップデートは2019年7月17日予定。DLSSの利用には最新のGeforceドライバとRTX以上のGeforceシリーズが必要となります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

    新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

  2. 国産インディー「ASTRO PORT」のSTGがSteam版一挙日本語対応!パブリッシャー移籍に伴い更新、多数の巨大ロボ作品も【UPDATE】

    国産インディー「ASTRO PORT」のSTGがSteam版一挙日本語対応!パブリッシャー移籍に伴い更新、多数の巨大ロボ作品も【UPDATE】

  3. 人気ハクスラARPG続編『Path of Exile 2』発表!新たなキャンペーンに、多数の新要素を導入

    人気ハクスラARPG続編『Path of Exile 2』発表!新たなキャンペーンに、多数の新要素を導入

  4. 人気ハクスラARPG『Path of Exile』新拡張「Conquerors of the Atlas」「Metamorph」発表!

  5. 『雀姫』日本語版『姫麻雀』Steam配信開始!対人日本麻雀がSteamでお手軽プレイ可能

  6. ターミネーターFPS『Terminator: Resistance』配信開始!ローンチトレイラーも

  7. メンタルヘルスをテーマにした『フラクチャード マインズ』PC/PS4/Xbox One/スイッチで発売―精神疾患を抱える状況を体験【UPDATE】

  8. 超ハードコア軍事ストラテジー『Command: Modern Operations』配信開始!陸海空、世界の戦場を制覇せよ

  9. 世紀末探索SFADV『Some Distant Memory』配信開始―ある一家の記憶から世界の謎に迫れ

  10. 『ブラスターマスター ゼロ 2』Steam版発表!新たなジェイソンとイヴの物語が幕開ける

アクセスランキングをもっと見る

page top