操作方法は「表情を変えること」!ユニークな協力ボート漕ぎゲームが海外で研究中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

操作方法は「表情を変えること」!ユニークな協力ボート漕ぎゲームが海外で研究中

キーボード/マウス、コントローラーに留まらず、昨今では様々な操作方法でビデオゲームを楽しむことができます。その中でも、アメリカの大学にて研究中のユニークな操作方法を持つタイトルが海外メディアによって取り上げられました。

ゲーム文化 カルチャー
操作方法は「表情を変えること」!ユニークな協力ボート漕ぎゲームが海外で研究中
  • 操作方法は「表情を変えること」!ユニークな協力ボート漕ぎゲームが海外で研究中
  • 操作方法は「表情を変えること」!ユニークな協力ボート漕ぎゲームが海外で研究中
キーボード/マウス、コントローラーに留まらず、昨今では様々な操作方法でビデオゲームを楽しむことができます。その中でも、アメリカの大学にて研究中のユニークな操作方法を持つタイトルが海外メディアによって取り上げられました。

Polygonが紹介する当該のタイトル『In the Same Boat』は、アメリカのカルフォルニア大学サンタクルーズ校にて研究・開発中のゲーム。ゲーム自体は障害物を避けながらボートをひたすらに漕いでいくランニングゲームのようですが、“人間の表情を変えること”で操作していくのがポイントです。プレイヤーはPCに設置されたカメラに見せた表情によって、ゲームをコントロールすることになります。

画面上に表情を指示するアイコンが出現したらそのとおりに表情を変えていく、というのが本作の基本的な流れですが、本作のさらなる特徴は2人協力プレイであるということ。同作の目標は「ネットワーク化された遊びを通して、距離を越えた親密さ、信頼、愛情、愛情」を育むことということで、ゲームを通じて同じ表情を作ることを楽しむことでそれを実現しようとしています。

なお、同作の開発に携わるKatherine Isbister氏はゲームなどが感情に与える影響の調査研究を継続して行っており、Polygonによれば他にも幾つかのゲームのプレゼンテーションが行われていたとのことです。いずれにしても、パーティーゲームとしてなかなか楽しめそうな本作。一般のゲーマー向けに広く公開される日が待ち遠しいところです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 江崎グリコの「ポッキー」がe-Sportsへ本格参入!『ストV』とコラボした「Pocky K.O. Challenge」を開催―体力ゲージを“Pocky比率”にして勝利を目指す

    江崎グリコの「ポッキー」がe-Sportsへ本格参入!『ストV』とコラボした「Pocky K.O. Challenge」を開催―体力ゲージを“Pocky比率”にして勝利を目指す

  2. 自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

    自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

  3. 小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

    小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

  4. 海外アーティストが『ストリートファイター6』のロゴを独自にデザイン! 小野義徳氏も称賛

  5. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

  6. 『シェンムー』開発舞台裏に迫るNetflixドキュメンタリー「A Gamer's Journey」予告編!

  7. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  8. 発明家YouTuberが『オーバーウォッチ』の「RIPタイヤ」をリアルで再現!

  9. 放て!真空波動拳!!『ストリートファイターV』より「リュウ」が迫力の“超”ハイエンドフィギュアで登場

  10. 『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトス&アトレウスの1/4ハイエンドフィギュアが予約受け付け開始―イーヴァルディの薄霧の装備一式も付属

アクセスランキングをもっと見る

page top