「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明

競技以外の問題で後味が悪くなるのは悲しいばかりです。

ニュース ゲーム業界
「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明
  • 「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明
  • 「EVO」運営による、『鉄拳7』無許諾映像の上映について原田勝弘氏が経緯説明


アメリカ・ラスベガスにて開催された世界的な格闘ゲームイベント「EVO 2019」。『鉄拳7』決勝の休憩時間に同イベント運営により上映された、無許諾の、同作と関連のないゲーム作品の映像について、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏が国内向けに自身のTwitterで経緯を説明しました。

問題となった映像は、同イベントにて新情報としての『鉄拳7』新キャラクターDLC紹介映像の上映後、『メタルギアソリッド』のゲーム風画面を用いた、同作主人公であるソリッド・スネークと原田勝弘氏が通信する内容のもの。EVO公式は後に映像が「ジョークのつもりのアイデア」であったとしてEVOによる創作であることを公表、両作品ともに関係がなく、混乱を招いてしまったことへの謝罪をしました。

原田氏は、上映後にバンダイナムコ側からEVOへ猛抗議し、先の釈明を行ってもらったと明かしました。なお、ファンから「炎上商法ではないか」とツイートを投げかけられた原田氏は、「全て順調でアナウンスも盛り上がっていたのに妙な炎上をさせる理由がない」として、明確にこれを否定しています。

また原田氏は他のユーザーからの質問に対し、このような無許諾・無監修映像の上映は他の大規模な海外大会でも「無い」とコメント。今回のEVOにおいては、このような映像が他の競技の合間でも上映されていたことも指摘。『鉄拳7』の幕間に流された問題の映像については、配信にはのせないという一定の配慮があったとはしつつも、ここまで勝手に憶測を呼ぶような内容の映像は他の競技でも上映されていなかったとしています。

競技とは別のところでしこりを残す形となってしまった今回の「EVO 2019」。運営は単なるパロディ映像程度の認識で制作したのでしょうが、結果として開発者(権利者)もユーザーも誰も喜べない後味の悪さだけが残ってしまいました。今後の再発防止など対応を迫られることになりそうです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

    PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

  2. テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

    テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

  3. PS5発表延期ツイート、53万を超える「いいね」を獲得―ゲーム関連のツイートで最多

    PS5発表延期ツイート、53万を超える「いいね」を獲得―ゲーム関連のツイートで最多

  4. 『CoD:MW』『Warzone』の新シーズン配信が延期―「今は平等、正義、変化のために声を上げる人たちの時間」

  5. Humble Bundleが黒人ゲーム開発者に100万ドルの資金援助、人種差別に抗議する声明

  6. Twitch、6月のPrime会員特典無料ゲームの配信を開始―『オブザーバー』『Project Warlock』など5タイトル

  7. 極寒世界ターンベースストラテジー『1971 Project Helios』プレイ動画公開―発売は6月9日

  8. Epicのティム・スウィーニー「EGSのシェアは既に15%に達した。専売も無料配布も成功している」

  9. 海外プロレスゲーム『WWE 2K』シリーズ次回作は大規模なオーバーホールを計画

  10. まとめ買い3本以上で割引率が上がっていく505 Games選択式バンドルがHumble Bundleにてスタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top