『ボーダーランズ2』200万本の売上増『CIV6』売上550万本達成―テイクツー20年1Q決算 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ボーダーランズ2』200万本の売上増『CIV6』売上550万本達成―テイクツー20年1Q決算

『ボーダーランズ2』は今年5月から200万本売上が増え、『シヴィライゼーション VI』の売上本数がシリーズ最速で550万本を達成するなど、テイクツー・インタラクティブの20年1Q決算は大幅増収となりました。

ニュース ゲーム業界
テイクツー・インタラクティブは、8月5日に2020年度第1四半期の決算を発表しました。米国会計基準の売上高は前年同期に比べて39%増の5億4050万ドル(約579億円)になり、売り上げに貢献したタイトルとして『NBA2K19』『Grand Theft AutoOnline』『Red Dead Redemption2』『ボーダーランズ』シリーズ、『WE2K19』『Sid Meier's CivilizationVI』などのタイトルが挙げられています。


売上に貢献したタイトルの一つである『ボーダーランズ2』の売り上げは、今年5月から200万販売本数が増加し、合計2200万本に到達したとのことで、2012年にリリースされた同作が200万本も売り上げを伸ばした背景には、無料DLC「指揮官リリスのサンクチュアリ奪還作戦」や『ボーダーランズ3』の販促効果が売上を押し上げたと考えられます。


また、海外メディアによれば、同社の社長Karl Slatoff氏は投資家向けに『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の売上本数がシリーズ最速で550万本に達したことも明らかにしており、こちらも今回の売上に寄与しています。


各タイトルの好調さを受けて、同社は年間の売り上げ予測を25億ドルから26億ドル(約270億円)に上方修正。なお、年内には2Kから『ボーダーランズ3』『NBA 2K20』『WWE 2K20』など、 Private Divisionから『The Outer Worlds』など注目作がリリース予定です。
《HATA》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 映画原作のホラーゲーム『Blair Witch』PS4版が12月3日リリース!追加コンテンツ「Good Boy PACK」で忠犬Bulletをカスタマイズ可能に

    映画原作のホラーゲーム『Blair Witch』PS4版が12月3日リリース!追加コンテンツ「Good Boy PACK」で忠犬Bulletをカスタマイズ可能に

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 『フォートナイト』がDirectX 12に対応することを発表―v11.20から選択可能となる予定

    『フォートナイト』がDirectX 12に対応することを発表―v11.20から選択可能となる予定

  4. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

  5. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  6. 『ストリートファイターV』新参戦キャラ「ギル」発表! 追加コンテンツ同梱の「チャンピオンエディション」も【UPDATE】

  7. Arkane Studios元社長が新スタジオWolfEye Studiosを設立―初作品は「The Game Awards」にて発表予定

  8. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  9. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  10. 『ポケモン ソード・シールド』UKチャートで1位&3位に!『ジェダイ:フォールン・オーダー』は2位

アクセスランキングをもっと見る

page top