時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害

先日行われた、人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』ワールドカップのソロ部門にて、見事優勝し賞金300万ドル(日本円にしておよそ3億2,000万円)を獲得した16歳のKyle Giersdorf氏。一躍時の人となった氏が得たものは栄光だけではなかったようです。

ゲーム文化 カルチャー
時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害
  • 時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害
  • 時の人となった『フォートナイト』少年チャンプが“スワッティング”被害

先日行われた、人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』ワールドカップのソロ部門で見事優勝し、賞金300万ドル(日本円にしておよそ3億2,000万円)を獲得した16歳のKyle Giersdorf選手。一躍時の人となった同選手がスワッティングの被害を受けました。

海外メディアKotakuによれば、Giersdorf選手が2019年8月10日にTwitchにてゲームプレイ映像を配信していたところ、彼の父親から「ドアの所に武装した警察がいる」とする発言が。そのままゲーム映像配信は一時中断されましたが、しばらくの後Giersdorf氏はPCの前に戻り、実際に警察がやってきていた旨をコメント。いわゆる“スワッティング”犯罪の被害にあったことを報告しました。具体的に物理的な被害を受けたことについては言及されておらず、怪我もなく平和的な解決になった模様です。


“スワッティング”とは、ストリーミングライブ映像配信者などに対し、虚偽の凶悪犯として警察へと通報を行う犯罪行為。ケースによっては無関係な一般市民が射殺される事態も発生しています。高い人気を持つ『フォートナイト』だけに、目立ったユーザーに対し行われることも十分に考えられた同行為。今後エスカレートしないことを願うばかりです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

    レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  2. 映画「バイオハザード」リブート版「めちゃくちゃ怖い」「ゲーム版に原点回帰」―監督自ら語る

    映画「バイオハザード」リブート版「めちゃくちゃ怖い」「ゲーム版に原点回帰」―監督自ら語る

  3. ヒトリデハキケンジャ…『フォートナイト』「クリエイティブ」で作成された『ゼルダ』風のオリジナルステージ!

    ヒトリデハキケンジャ…『フォートナイト』「クリエイティブ」で作成された『ゼルダ』風のオリジナルステージ!

  4. 『バイオハザード4』チェーンソー男を「蹴破ったドアの勢いだけ」で倒す仰天プレイ―14分の激闘

  5. 『ジェット セット ラジオ』ライクなオープンワールドACT『Neon Tail』開発中!

  6. 『スカイリム』で『オブリビオン』をリメイク「Skyblivion」Mod新トレイラー!開発状況も「完成が見えてきた」

  7. 『ボダラン』『スカイリム』『ストリートファイター』など人気ゲームのキャラが可愛いアヒルちゃんに!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ライデン役は浅野忠信! 実写映画版『モータルコンバット』新作のさらなるキャスト情報が報告!

  10. お前のハサミ強いじゃねえか…カニ格ゲー『カニノケンカ』itch.ioなどで早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top