奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!

Rooster Teeth Gamesは、非協力マルチプレイシューティング『Vicious Circle』の配信を開始しました。

PC Windows
奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!
  • 奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!
  • 奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!
  • 奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!
  • 奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!
  • 奪い合い、宇宙…。非協力マルチFPS『Vicious Circle』リリース!

Rooster Teeth Gamesは、非協力マルチプレイシューティング『Vicious Circle』を配信しました。

本作は、刺激的なSF世界を舞台にした“非”協力的マルチFPS。1人を除くプレイヤーは傭兵として戦利品の確保に勤しみ、残りの1人は全てを殺し尽くすべくクリーチャーとして暴走します。

傭兵側は最も多く戦利品を獲得したプレイヤーが勝利するので、時に協力し、時に汚く立ち回ることが重要。そのほかにも、他人に憑依できるリトルディッパーに転生できる“ヴィシャス・サークス”や、他のプレイヤーを孤立させられるドアなど、様々な“卑劣”要素が揃っています。


今後もフリーアップデートで新しい傭兵、モンスター、マップなどの追加を予定しているとのこと。また、ゲーム本編にシーズンバトルパスが無料で含まれており、期間内にチャレンジをクリアすることで報酬をアンロックできるということです。


『Vicious Circle』はSteamにて、2,050円で配信中。ストアページによればインターフェイス、および字幕で日本語に対応しています。
《杉元悠》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

    『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

  2. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

    美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  3. 『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

    『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

  4. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  5. 「全て事実です」狙撃TPS『Sniper Elite 5』元空挺部隊員の経験を反映したアクショントレイラー公開

  6. ドライビングよりパーキングスキルが物を言う『You Suck at Parking』―マルチプレイ対応で8台のクルマが1つの駐車場を奪い合うことに

  7. 日本の不良が主役の『番長タクティクス』Steamストアページ公開―3Dステージ2Dピクセル描画のターンベースタクティクスRPG

  8. 『スカイリム』が『サイレントヒル』のような雰囲気に―水中バグが原因?

  9. 恐怖ホテル経営シム『Serial Killer Life』Steamストアページ公開―銀行強盗のために宿泊者を罠と脅しで捕獲

  10. 『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

アクセスランキングをもっと見る

page top