3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始

Analgesic Productionsは、Sean Han Tani、Marina Kittaka両氏が手掛けるアクションRPG『Anodyne 2: Return to Dust』をSteamにて配信しました。

PC Windows
3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始
  • 3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始
  • 3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始
  • 3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始
  • 3D空間と2D空間を旅するARPG『Anodyne 2: Return to Dust』Steamで配信開始

Analgesic Productionsは、Sean Han Tani、Marina Kittaka両氏が手掛けるアクションRPG『Anodyne 2: Return to Dust』をSteamにて配信しました。



同作は、謎の島“New Theland”を舞台に、島の人々の感情を歪めるナノダストを除去するロボット“Nova”の冒険を描くアクションRPG。初代PSやPS2、ニンテンドウ64風のグラフィックが特徴の3Dアドベンチャーパートと、GBAやSFC風の2Dドット絵の『ゼルダ』風味のARPGパートで構成されているのが特徴です。また、“Nova”は車に変身し高速移動もできるとのことです。



本作は『Anodyne』の続編となっていますが、前作を知らなくとも楽しめるのだそう。ただし長年のファンは関連性を見つけることができるとしています。


『Anodyne 2: Return to Dust』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに2,050円で配信中。2019年8月20日までは10%引きの1,845円で購入できます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  3. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

    『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  4. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  5. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  6. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  7. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  8. 全裸プレイ推奨だけど“前”は隠して!『OnsenVR』がSteam配信―癒しとカオスが交差する温泉VRゲーム

  9. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  10. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

アクセスランキングをもっと見る

page top