デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から

動画の編集はまったくしないし、スマホでの写真撮影もそれほどするわけではないけど、そんなことはどうでもいいレベルでほしい。どちらもそんな一品でした。

ニュース 発表
デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から
  • デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から

8月20日、ASUS JAPANは世界初のデュアル4Kディスプレイを搭載した15.6インチノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」と、電動駆動式フリップカメラを搭載したSIMフリーのAndroid対応スマートフォン「ZenFone 6」の日本発売を発表しました。「ASUS ZenBook Pro Duo」8月23日発売で価格は466,500円(税別)と361,500円(税別)の2モデル。「ZenFone 6」も同日発売で、価格はメモリ6GB+内臓ストレージ128GBモデルが69,500円(税別)、メモリ8GB+内臓ストレージ256GBモデルが82,500円(税別)です。また、後者のモデルのうち、カラーがシルバーのもののみ、8月30日に発売となります。

ノートPCの新たな地平を開拓する「ASUS ZenBook Pro Duo」


「ノートPCは長らくスタンダードな形を保ってきたが、ここでまったく新たな形を提案したい」と同社が熱く語るノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」は、4K有機ELのメインディスプレイに加え、セカンドディスプレイとしてアンチグレアの14型ワイド液晶ディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載しているのが最大の特徴です。メインディスプレイの拡張表示に使えるのはもちろん、Windows 10準拠の挙動でウインドウをディスプレイ中央上端にドラッグすればフルスクリーンに、左右の端にドラッグすればモニターの2分の1の大きさにできるほか、本機の独自機能で3分の1の大きさで表示させることも可能です。

ASUSのノートPCではおなじみのエルゴリフト機構が採用されているため、
ディスプレイを起こすだけでキーボードに角度がついてタイプしやすくなります

プレス向けの発表会では「ScreenPad Plus」を活用した動画作成のしやすさなど、クリエイターに訴求したプレゼンが行われましたが、もちろんそれだけではなく、メインディスプレイでゲームをしつつ「ScreenPad Plus」SNSやチャットツールを常時表示する、メインディスプレイで作業をしつつ「ScreenPad Plus」で調べものをする……など、クリエイターでなくとも公私を問わずフル活用できるのは間違いありません。ちなみに、メインディスプレイがグレアなのに対し「ScreenPad Plus」がアンチグレアなのは、メインディスプレイが映り込んでしまわないようにするためとのことでした。


スクリーンモードにも多彩な機能が用意されており、メインディスプレイと「ScreenPad Plus」を一つの大画面として使う「View Max」、メインディスプレイと「ScreenPad Plus」の表示内容を瞬時に切り替える「Task Swap」、登録した複数のアプリや機能を瞬時に起動する「Task Group」、「ScreenPad Plus」で手書き入力を行う「Handwriting」などいたれりつくせりです。「ScreenPad」自体はASUSのこれまでのノートPCにも搭載されていたものですが、いざ触ってみると、キーボードと配置の上下(前後)を入れ替えることでここまで使い勝手が向上するのかと驚くこと請け合いです。

写真左:タッチ&トライで5つのアプリ・ウィンドウを展開。これだけですでに楽しいです
写真右:「Handwriting」はこのくらい雑に書いてもしっかり認識してくれます

スペックに目を向けてみても「UX581GV 9980」は第9世代のインテル Core i9-9980HK、メインメモリは32GB、SSDは1TB、ビデオカードはGeForce RTX 2060とハイエンド構成でこちらもスキがありません。ノートPCの新たな時代の幕開けというにふさわしいモデルといえそうです。その他、ノートPCでは「ZenBook」シリーズの新製品となる「ASUS ZenBook 14/15」、ASUSの30周年記念モデルとなる「ASUS ZenBook Edition 30」が発表されました。後者は最小構成価格が149,030円(税別)からとなっており、「30円」は30周年とかけての価格設定だということです。


フリップカメラが楽しい「Zenfone 6」


「ASUS ZenBook Pro Duo」と同じように、海外ではすでに発表されていたスマートフォン「Zenfone 6」も国内に向けて正式発表されました。こちらの最大の特徴は、背面に搭載された電動駆動式のフリップカメラです。4,800万画素のメインカメラと1,300万画素+超広角レンズのセカンドカメラで構成されたフリップカメラは、ワンタッチで背面カメラが前面まで回り込んでくるため、高性能な背面カメラで"世界一キレイな"自撮りができるほか、可動範囲の広さを活用してシャッターを押してただじっと持っているだけでパノラマ撮影ができます。

写真左:フリップカメラの角度を調整することで、いつも通りの持ち方(角度)でもさまざまな写真が撮れます
写真右:端末本体を動かすどころか、むしろ固定するだけでパノラマ撮影が可能に

左側の下部にはイヤホンジャックがついています。個人的にはこれも嬉しい仕様

さらに、特定の被写体にフォーカスを合わせることでフリップカメラに自動で追いかけさせることもできるため、広々とした景色や高い建造物、はては小さな子供や動物など、さまざまなシーンでの撮影に活用できると強調されました。また、フリップカメラの恩恵はそれだけに留まりません。背面カメラにインカメラとしての役割も持たせたことに加え、超狭額のベゼルを採用することで、本機の前面は画面占有率約92%を達成。ほぼ全面がディスプレイになっているのも大きな魅力です。

写真右:夜景を美しく見せる「夜景モード」にもかなり力が入っているとのこと

CPUは現行機種最高峰といえるSnapdragon 855を搭載。バッテリーは5,000mAhという大容量を誇り、「Zenfone 5」に引き続きBoostMaster機能を採用しているので急速充電を行えます。さらにバッテリー劣化の一因となる過充電を防ぐため、アラームのように時間を指定してその時間に充電が終わるように充電速度を調整してくれるバッテリーケア機能も搭載されています。

発表会では美しいパノラマ写真の作例も紹介されました

これだけのスペックを誇りつつ、記事冒頭でも述べたようにメモリ6GB+内臓ストレージ128GBモデルの価格は69,500円(税別)。スペックと価格を両立させたモデルといえそうです。フリップカメラは実際に使ってみると、いい意味でガジェット感が強く、ふだんあまり写真撮影をしない筆者でもちょっと写真を撮りたいと思わせるワクワク感がありました。機構的に強度への不安を感じてしまう方もおられるかもしれませんが、10万回の開閉テストをクリアしており、1日に28回開閉しても5年以上もつ強度を確保できているそうです。

前述の「ASUS ZenBook Edition 30」に並び、本機も30周年記念モデル「Zenfone 6 Edition 30」が発表されました。バリエーションは「Edition 30」のロゴが刻印されたマットブラック1種類のみで、メインメモリは12GB、内臓ストレージは512GBと、通常モデルの上位版といえるスペックになっており、価格は103,030円(税別)となっています。

日本のユーザーに感謝を示すとともに、今回発表されたラインナップに強い自信をうかがわせた
ASUSTek Computer Inc.会長のジョニー・シー氏


ASUS ZenBook Pro Duo

  • 本体カラー:セレスティアルブルー
  • OS:Windows 10 Pro 64ビット/Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i9-9980HK/Core i7-9750H
  • メインメモリ:32GB(DDR4-2666)
  • SSD:1TB/512GB
  • ビデオカード:GeForce RTX 2060
  • メインディスプレイ:15.6型 OLED有機EL/グレア/3840×2160ドット
  • セカンドディスプレイ:14型ワイド TFTカラー液晶/ノングレア/3840×1100ドット
  • サウンド:ハイデフィニション・オーディオ準拠 ステレオスピーカー内臓(1W×2)
  • 通信機能:無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax Bluetooth 5.0
  • 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
  • USBポート:Thunderbolt 3(Type-C)×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×2
  • バッテリー駆動時間:約5.3時間/約5.5時間
  • バッテリー充電時間:約2.3時間/約2.2時間
  • 消費電力:最大約230W
  • サイズ(突起物のぞく):幅359.5mm×奥行き246mm×高さ24mm
  • 質量:約2.5kg
  • 付属品:ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書、ASUS Pen、パームレスト
  • 価格:466,500円(税別)/361,500円(税別)

ASUS ZenBook Edition 30

  • 本体カラー:レザーホワイト
  • OS:Windows 10 Pro 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-8565U/Core i5-8265U
  • メインメモリ:16GB/8GB
  • SSD:1TB/512GB
  • ビデオカード:GeForce MX250
  • ディスプレイ:13.3型ワイドTFTカラー液晶/グレア/1920×1080ドット
  • SSD:1TB/512GB
  • サウンド:ハイデフィニション・オーディオ準拠 ステレオスピーカー内臓(1W×2)
  • 通信機能:無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0
  • 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
  • USBポート:USB3.1(Type-C/Gen2)×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB2.0×1
  • カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
  • バッテリー駆動時間:約10.4時間/約10.2時間
  • バッテリー充電時間:約2.3時間/約2.4時間
  • 消費電力:最大約65W
  • サイズ(突起物のぞく):幅302mm×奥行き189mm×高さ18.5mm
  • 質量:約1.35kg
  • 付属品:ACアダプター、製品マニュアル、Screen Padガイド、製品保証書、専用スリーブ、ワイヤレスマウス
  • 最小構成価格:149,030円(税別)~

ASUS ZenBook 14/15

  • 本体カラー:ロイヤルブルー
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-8565U/Core i5-8265U
  • メインメモリ:16GB/8GB
  • SSD:1TB/512GB
  • ビデオカード:GeForce GTX 1650/GeForce MX250
  • ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶/14型ワイドTFTカラー液晶/グレア/1920×1080ドット
  • サウンド:ハイデフィニション・オーディオ準拠 ステレオスピーカー内臓(1W×2)
  • 通信機能:無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0
  • 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
  • USBポート:USB3.1(Type-C/Gen2)×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB3.0×1/USB2.0×1
  • カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード/microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
  • バッテリー駆動時間:約9.4時間/8.2時間/7.8時間
  • バッテリー充電時間:約2.1時間/約2.4時間/約2.5時間
  • 消費電力:最大約120W/約65W
  • サイズ:幅354mm×奥行き220mm×高さ18.9mm/幅319mm×奥行き199mm×高さ16.9mm
  • 質量:約1.7kg/約1.3kg
  • 価格:222,500円(税別)/144,500円(税別)~

ZenFone 6

  • 本体カラー:ミッドナイトブラック、トワイライトシルバー
  • OS:Android 9.0
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 855
  • メインメモリ:8GB/6GB
  • ディスプレイ:6.4型ワイドIPS液晶(LEDバックライト)Corning Gorilla Glass 6
  • フリップカメラ:4,800万画素カメラ(メインカメラ)、1,300万画素広角カメラ(2ndカメラ)、デュアルLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス
  • センサー:GPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、磁気センサー、NFC
  • 通信機能:無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0
  • インターフェース:USBポート…USB Type-C×1(USB2.0)/SIMカードスロット…nanoSIMスロット×2/カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
  • バッテリー駆動時間:Wi-Fi通信時…約23.6時間/モバイル通信時…約22.6時間/連続通話時間…約2,454分(3G)、約2,250分(VoLTE)/連続待受時間…約849時間(3G)、約789時間(VoLTE)
  • バッテリー充電時間:約2.1時間
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • サイズ:高さ約159.1mm×幅約75.4mm×奥行き約9.1mm
  • 質量:約190g
  • 付属品:USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
  • 価格:82,500円(税別)/69,500円(税別)

ZenFone 6 Edition 30

  • 本体カラー:マットブラック
  • OS:Android 9.0
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 855
  • メインメモリ:12GB
  • ディスプレイ:6.4型ワイドIPS液晶(LEDバックライト)Corning Gorilla Glass 6
  • フリップカメラ:4,800万画素カメラ(メインカメラ)、1,300万画素広角カメラ(2ndカメラ)、デュアルLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス
  • センサー:GPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、磁気センサー、NFC
  • 通信機能:無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0
  • インターフェース:USBポート…USB Type-C×1(USB2.0)/SIMカードスロット…nanoSIMスロット×2/カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
  • バッテリー駆動時間:Wi-Fi通信時…約23.6時間/モバイル通信時…約22.6時間/連続通話時間…約2,454分(3G)、約2,250分(VoLTE)/連続待受時間…約849時間(3G)、約789時間(VoLTE)
  • バッテリー充電時間:約2.1時間
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • サイズ:高さ約159.1mm×幅約75.4mm×奥行き約9.1mm
  • 質量:約190g
  • 付属品:USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書、VIPカード
  • 価格:103,030円(税別)
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「TGS2019」4日間の総来場者数は26万2,076人に!国際的展示会&ゲームビジネスにおけるハブとして役割の高まりを示す

    「TGS2019」4日間の総来場者数は26万2,076人に!国際的展示会&ゲームビジネスにおけるハブとして役割の高まりを示す

  2. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

    『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  3. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

    『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  4. おとぎ話のような世界を自由に旅するTMORPG『Book of Travels』発表!『Shelter』シリーズ開発元新作【TGS2019】

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種より入手できる素材に表記ミス─「Unavailable」と書かれたアイテムはそのまま保管を

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  8. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  9. 『ヴァンブレイス:コールドソウル』開発インタビュー!未経験から始まったスタジオの軌跡【TGS2019】

  10. PS4/スイッチ向け新作『日之丸子』発表!『閃乱カグラ』手掛けるタムソフト開発の本格美少女ACT

アクセスランキングをもっと見る

page top