Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は今年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

ニュース ゲーム業界
Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は2019年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社(バンダイナムコエンターテインメントカプコンFocus Home InteractiveKoch MediaZeniMax Media)に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

この問題は各社が地域制限のかかったアクティベーションキーの使用に同意し、EU加盟国の消費者が他のEU加盟国からより安くゲームを購入することを妨げたというもの。パブリッシャー5社は以前に「適切に対処していく」(下記リンク参照)と述べたように和解を計画しているとのこと。欧州の独占禁止法に基づき、不法行為を認めることで罰金が10%減額されるそうです。


その一方で争う姿勢を見せたValveは、同社の意見を主張する非公開の聴聞会を求める可能性が高いと関係者は語っています。当事者が対抗措置をとった後に違反行為の十分な証拠があると欧州委員会が判断した場合、年間売上高の最大10%の罰金を科せられるとのことで今後の展開に注目が集まります。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが新プロジェクトの発表を示唆?『サイレントヒル』関連を予想する声も

    コジマプロダクションが新プロジェクトの発表を示唆?『サイレントヒル』関連を予想する声も

  2. ロックスター・ゲームスの公式サイトに奇妙な画像が登場―新作発表に関与している可能性も?

    ロックスター・ゲームスの公式サイトに奇妙な画像が登場―新作発表に関与している可能性も?

  3. 実写映画版『モンハン』、「受付嬢」役に日本の女優が抜擢!ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

    実写映画版『モンハン』、「受付嬢」役に日本の女優が抜擢!ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

  4. PC版『ディビジョン2』3月2日までフリープレイが可能ー396円で購入できる期間限定セールも実施中

  5. 私はTasi…『Amnesia』『SOMA』の開発元が新作ゲームと思われる謎の映像を公開

  6. 『ポケマス』新映像にヒカリ、ミツル、リーリエの姿が!カントーの御三家がメガシンカする衝撃の展開は必見

  7. ローポリ調アーケードレース『Hotshot Racing』今春発売―ドリフトでゲージを溜めてブースト!

  8. USJが2020年3月15日までの臨時休業を発表―新型コロナウイルスの国内感染拡大を防止するため

  9. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表―栄光の1位はゲッコウガ!2位にルカリオ、3位はミミッキュがランクイン

  10. 現実と空想の間に囚われた少女のパズルADV『Ever Forward』発表!『きみのまち ポルティア』開発元新作

アクセスランキングをもっと見る

page top