Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は今年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

ニュース ゲーム業界
Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して
  • Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

欧州委員会は2019年4月にValveおよび大手パブリッシャー5社(バンダイナムコエンターテインメントカプコンFocus Home InteractiveKoch MediaZeniMax Media)に対し、SteamにおけるPCゲームの地域制限が欧州の独占禁止法に違反するとして異議告知書を送付しましたが、Valveはそれに対抗する予定であるとロイターが報じました。

この問題は各社が地域制限のかかったアクティベーションキーの使用に同意し、EU加盟国の消費者が他のEU加盟国からより安くゲームを購入することを妨げたというもの。パブリッシャー5社は以前に「適切に対処していく」(下記リンク参照)と述べたように和解を計画しているとのこと。欧州の独占禁止法に基づき、不法行為を認めることで罰金が10%減額されるそうです。


その一方で争う姿勢を見せたValveは、同社の意見を主張する非公開の聴聞会を求める可能性が高いと関係者は語っています。当事者が対抗措置をとった後に違反行為の十分な証拠があると欧州委員会が判断した場合、年間売上高の最大10%の罰金を科せられるとのことで今後の展開に注目が集まります。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

    『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  2. 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

    『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

  3. 『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

    『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

  4. 地獄の飲酒ADV『Afterparty』10月29日にリリース決定!会話と飲酒で地獄からの脱出を目指す

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

  7. 不気味すぎるサイケデリックパズルADV『Infini』が2020年に登場へ―無限に陥った希望が現実世界に戻る道を探す

  8. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

  9. 英「Golden Joystick Awards 2019」各部門のベストを選ぶ投票受付を開始―今年は「Expansion」「Hardware」部門も

  10. 外骨格アクション『The Surge 2』ローンチトレイラー公開!発売目前のゲームの魅力たっぷり

アクセスランキングをもっと見る

page top