選択肢で展開が変わる実写ADVのようなNetflix「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」米エミー賞テレビ映画作品賞受賞 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

選択肢で展開が変わる実写ADVのようなNetflix「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」米エミー賞テレビ映画作品賞受賞

Netflixオリジナル作品の「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」は9月24日、アメリカで開催された「エミー賞」でテレビ映画作品賞を受賞しました。

ゲーム文化 カルチャー
選択肢で展開が変わる実写ADVのようなNetflix「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」米エミー賞テレビ映画作品賞受賞
  • 選択肢で展開が変わる実写ADVのようなNetflix「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」米エミー賞テレビ映画作品賞受賞

Netflixオリジナル作品の「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」は9月24日、アメリカで開催された「エミー賞」でテレビ映画作品賞を受賞しました。


アメリカのテレビ番組を讃える受賞式である「エミー賞」では、米国市場の半分以上の地域でダウンロードもしくはストリーミング配信で視聴できるWebテレビ番組も対象となり、2019年第71回においてNetflixで配信中の「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」がリミテッド・シリーズ / テレビ映画部門においてテレビ映画作品賞を受賞しました。

『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』予告編

本作はインタラクティブ映画と称される通り、視聴者が主人公の行動を選択することができ、これに応じて作品の展開も異なっていくという他の作品とは一線を画す特徴を持っています。1984年を舞台に描かれる、ビデオゲームの開発チャンスを得た若いプログラマーが辿る幾重にも重なる物語は、Netflixのベーシックプラン(月額800円)から体験可能。利用できる端末であればゲーム機でなくとも楽しむことができます。作品ページはこちら。

なお、Game*Sparkでは「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」をゲーマー視点で紹介する記事も掲載中です。ぜひ視聴後にご覧ください。
《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

    『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

  2. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  3. 第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

    第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

  4. 異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

  5. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  6. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

  7. レトロ風ピクセルアート格闘アクション『沖縄ラッシュ』Steam版デモ配信! 日本語にも対応

  8. 『バイオハザード ヴィレッジ』今度はクリスの顔を赤ちゃんにするmod公開―赤ちゃんがクリスでクリスが赤ちゃんで...?

  9. 残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

  10. 「ゲームセンターCX」“発売20年以上”のルールにのっとりPS2/ゲームキューブ/GBAの使用が解禁!3機種のレトロゲー入りに「もうそんなに経つのか…」と驚きの声も

アクセスランキングをもっと見る

page top