「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

先日e-Sports大会にて政治的発言を行った選手が1年間の大会出場停止および賞金の取消処分となったことが話題となりましたが、その一方で『フォートナイト』のデベロッパーEpic Gamesはプレイヤーの政治的発言による処分は行わないと海外メディアに伝えました。

ゲーム文化 カルチャー
「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える
  • 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える
  • 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

先日、Activision Blizzardが『ハースストーン』の公式e-Sports大会にて政治的発言を行った選手を1年間の出場停止および賞金の取消処分としたことが話題となりましたが、その一方で『フォートナイト』のデベロッパーEpic Gamesは、プレイヤーの政治的発言による処分は行わないと海外メディアThe Vergeに伝えました。

「Epicは政治と人権に関する意見を表明するすべての人の権利を支持しています。これらの話題を話すことに関して、『フォートナイト』のプレイヤーやコンテンツ作成者をBANしたり罰することはありません」

『ハースストーン』大会のインタビュー中でのBlitzghung選手の発言は、Activision Blizzardが2019年グランドマスターズ公式競技ルール上で定めるところの「競技者自身の評判を貶める行為」「集団や一部の人々の感情を損なう行為」「あるいはBlizzardのイメージを毀損する行為」に当るものと見られています。また、この取材に参加したインタビュアー2名にも解雇処分が下されています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウォッチドッグス2』の無料配布も予告!「UBISOFT FORWARD」ラインナップやスケジュール公開

    『ウォッチドッグス2』の無料配布も予告!「UBISOFT FORWARD」ラインナップやスケジュール公開

  2. スクウェア・エニックスがオーストリアで『Live A Live』の商標を申請

    スクウェア・エニックスがオーストリアで『Live A Live』の商標を申請

  3. 映画版『スリーピングドッグス 香港秘密警察』撮影開始はもう間もなく? 主演のドニー・イェンがSNSで示唆

    映画版『スリーピングドッグス 香港秘密警察』撮影開始はもう間もなく? 主演のドニー・イェンがSNSで示唆

  4. 『The Last of Us Part II』海外版声優への脅迫にNaughty Dogが声明、「いかなるものであれ嫌がらせや脅迫には非難する」

  5. 初期『TF2』にインスパイアされたMod「Team Fortress 2 Classic」最新版公開! 没ネタや新要素搭載

  6. 『ウォッチドッグス レギオン』も登場! 近日開催の「UBISOFT FORWARD」ティーザートレイラー公開

  7. もしかしてインプラント使ってる?『サイバーパンク2077』テーマ曲をロシアのヒューマンビートボックス王者が再現!

  8. 『BF1942』動画などをそのまま流用したゲーム開発者が謝罪、Steamストアページも削除

  9. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  10. 『The Last of Us Part II』海外版声優がTwitter上で脅迫を受けていることを告白

アクセスランキングをもっと見る

page top