巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】

懐かしの「フェニックスホーク」や「ライフルマン」、「ウォーハンマー」が使用可能に。3Dプレビューモードも実装。

PC Windows
巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】
  • 巨大ロボ傭兵SRPG『BATTLETECH』拡張「Heavy Metal」詳細発表!“ライフルマン”や“フェニックスホーク”がついに登場【PDXCON 2019】

Paradox Interactiveは、巨大ロボ傭兵部隊SRPG『BATTLETECH』の新拡張「Heavy Metal」の詳細を、「PDXCON 2019」にて発表しました。

未来の銀河系で強力な巨大ロボ“バトルメック”を操る“メック戦士”たちの傭兵団を率い、運営していくターン制SRPGである同作。今までで最大の拡張となる「Heavy Metal」では8機の新メックが追加されます。



8機の内7機のラインナップは、45トン中量級「フェニックスホーク」、60トン重量級「ライフルマン」、70トン重量級「アーチャー」、20トン軽量級「フレア」、40トン中量級「アサシン」、40トン中量級「バルカン」、100トン強襲級「アニヒレーター」。



更に拡張に合わせ配信される本体無料アップデートにて、70トン重量級「ウォーハンマー」、75トン重量級「マローダー」も追加。「ライフルマン」や「フェニックスホーク」、「ウォーハンマー」、「マローダー」は、日本のアニメに非常に強い影響を受けた風体をしているだけでなく、かつて日本にて原作ボードゲーム「バトルテック」が展開した際にも(別デザインながら)大きく活躍した機体達ということで、嬉しいファンは多いのではないでしょうか。



拡張ではそれ以外にも、本作完全新メックとして95トン強襲級「ブルシャーク」が登場。この「ブルシャーク」は背中に大型砲“THUMPER CANNON”を備えているのが特徴。いわゆる“マップ兵器”として一定範囲内の敵味方地形すべてに痛打を与えるパワフルな砲撃が可能です。また、今回の拡張・無料アップデートで追加されるメックにはすべて特殊装備が付与されており、「ブルシャーク」の砲もその一つ。


他にユニークな特殊装備としては「フレア」に搭載された“Heavy Coil Beam”が挙げられます。これは、「フレア」が移動することでチャージされ、攻撃力がどんどん高まっていくというもの。最大チャージでは背面から中量級を一撃撃破、正面からでも強襲級に多大な損害を与えられるほどの打撃力がありますが、本体は脆く、移動後射撃もできないため位置取りが重要に。他にも敵に大きな熱も与える“Inferno Missiles”、散弾砲“LB10-X AC”などの新武器も加わっています。


拡張ではメック関連のコンテンツ以外にも新メック「ブルシャーク」にまつわる新たな「Flashpoint」ミニキャンペーンが追加。Xboxにてかつてリリースされた『メックアサルト』などを始め多数の関連ゲームでもその名を見る、原作の有名傭兵団“ウルフ竜騎兵団”が登場し、“ブラックウィドウ”ことナターシャ・ケレンスキーや、“Bounty Hunter”にも会うことができます。

なお、本体無料アップデートでは、機体の他にメックの3Dプレビューモードが追加。所持機体を思う存分眺め回す事が可能となったほか、キャリアーモードでのミッションフィルタリング機能なども実装されます。

『BATTLETECH』はSteam/GOG.comなどにて販売中。拡張「Heavy Metal」及び本体無料アップデートは2019年11月21日に配信予定です。

<取材協力:DMM GAMES、Paradox Interactive>
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 飛行機乗客シミュレーター『Airplane Mode』2020年にSteamでテイクオフ!タキシング、離陸、機内食など徹底再現

    飛行機乗客シミュレーター『Airplane Mode』2020年にSteamでテイクオフ!タキシング、離陸、機内食など徹底再現

  2. 4人協力RPG型タワーディフェンス『Dungeon Defenders』2011年の初作に最終アップデートが配信

    4人協力RPG型タワーディフェンス『Dungeon Defenders』2011年の初作に最終アップデートが配信

  3. 【吉田輝和の絵日記】惑星探検SFRPG『アウター・ワールド』欠点は短所にあらず、ニガテを増やしてパワーアップ!

    【吉田輝和の絵日記】惑星探検SFRPG『アウター・ワールド』欠点は短所にあらず、ニガテを増やしてパワーアップ!

  4. 基本プレイ無料で低スペックPCでも遊べる『PUBG LITE』事前登録スタート!ドン勝メダルやBPが手に入る登録者数キャンペーンも

  5. 『R6S』新シーズン「シフティングタイド」詳細情報!新オペレーターやマップ「テーマパーク」リワークなど

  6. 『ライザのアトリエ』Steam版アップデートが配信、解像度変更・3ボタンマウスサポートなど

  7. 『CoD:MW』最新アップデート配信開始!ショットガン弱体化に足音調整、新マップ登場も

  8. 『ディヴィニティ:オリジナル・シン 2』PC版に日本語実装!戦闘ランダム化など各種新要素も追加に

  9. 90年代リスペクトの本格ベルトスクロールACT『The TakeOver』Steamで正式リリース【UPDATE】

  10. クリア率1.25%のCo-opシューター『GTFO』第2回アルファテストに参加!4人協力で進む“ハードコアホラー”を体感【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top