仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動

Free-to-Playタイトルとしてリリース予定。Discordサーバーではアルファ版を提供中です。

PC Windows
仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動
  • 仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動
  • 仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動
  • 仕事を辞めて5年をかけて開発…!スマブラ風対戦ACT『SLAYERS FOR HIRE』Kickstarterが始動

Meta Gamesは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』風の対戦アクション『SLAYERS FOR HIRE』のKickstarterを開始しました。


本作は、プラットフォーム・ファイター(『スマブラ』風作品の総称)とそのプレイヤーたちに贈る「ラブレター」的なアクションゲームです。開発元のMeta Gamesは、プラットフォーム・ファイターを作るという夢を追うため、5年前に仕事を辞めたRyan氏が2018年に立ち上げたインディーゲームスタジオ。現在は17人のスタッフが在籍しています。


本作はFree-to-Playで提供予定で、6体の基本キャラクターを遊ぶことが可能。攻撃でダメージを蓄積していき、相手を場外に「ふっとばす」ことで競い合う基礎は抑えつつ、防御かつコンボスターターとして使える「フォーカス・アタック」といった興味深いシステムも採用しています。そして、フィールドを変形させながら戦う大型の「ドラゴン(The Dragon)」など、プレイアブルになり得ない“ボス”のようなキャラクターとしてプレイできるのも魅力です。なお、課金形式で販売するのは追加キャラクターとコスメティックのみ。Pay-to-winのアイテムやルートボックスは販売しないことが約束されています。

Kickstarterプロジェクトでは、1ドルから支援することが可能。20ドル以上のプレッジでは、リワードとしてキャタクターパック、アルファの参加権などが手に入ります。目標金額は50,000ドル、そのうち記事執筆現在の総プレッジ額は7,006ドル。本キャンペーンは2019年12月23日午前2時まで支援を受け付けているとのことです。

『SLAYERS FOR HIRE』は現在アルファテストを実施中。Discordサーバーに参加することでプレイできます。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

    Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

  2. 8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

    8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

  3. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

    『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  4. 『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

  5. PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

  6. 横スクロールACT経営ストラテジー『Coffee Break』Steam早期アクセス開始―コーヒーショップを右へ左へ大忙し?

  7. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  8. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』黄巾の乱テーマの新DLC「Mandate of Heaven」配信開始

  10. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top