『Kenshi』11月のコミュニティアップデート公開ー『Kenshi 2』はなるべく前作と同じようにMod制作できる環境を目指す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Kenshi』11月のコミュニティアップデート公開ー『Kenshi 2』はなるべく前作と同じようにMod制作できる環境を目指す

『Kenshi』のバグ修正やゲームプレイの調整も継続して行われています。

ゲーム文化 インディーゲーム
『Kenshi』11月のコミュニティアップデート公開ー『Kenshi 2』はなるべく前作と同じようにMod制作できる環境を目指す
  • 『Kenshi』11月のコミュニティアップデート公開ー『Kenshi 2』はなるべく前作と同じようにMod制作できる環境を目指す
  • 『Kenshi』11月のコミュニティアップデート公開ー『Kenshi 2』はなるべく前作と同じようにMod制作できる環境を目指す

Lo-Fi Gamesは、『Kenshi』『Kenshi 2』について、11月の月間コミュニティ・アップデートを公開しました。


今回のアップデートでは、先月『Kenshi 2』の開発優先を発表したことを踏まえて、スタジオに新たな開発メンバーを増やしたことや、フリーランスのアーティストの協力を得ていることを報告。『Kenshi 2』に登場すると思われる防具セット“サムライ兵衛”の画像などを公開しました。

さらに、ゲームエンジンがUnreal Engineに変更されるにあたり、現在「Kenshi」で使用されているForgotten Construction Setとマップ・エディターを使う機能を、どれだけ残せるかを検証しているとのこと。最終的には、Unrealエディターを使わずに「Kenshi」となるべく同じ環境でMod制作できることを目指しているようです。ですが検証を始めたばかりなので、現時点でどのような仕様になるかは不明としています。

同スタジオは、現在は調査や検証がメインの段階であり、あまり詳細なお知らせはできないものの、プロジェクトが進んで行くにつれて月刊のアップデートでは内容が追いつかなくなってくると予想。ですが今後数か月は技術的な話題が主になると報告しました。

また、『Kenshi』についてはこれからもバグの修正やゲームプレイの調整などのサポートを続けていくとのことで、先日全ユーザーに向けたバージョン1.0.40アップデートの配信を報告しています。

その他のコミュニティアップデート詳細に関しては、こちらからご確認ください。
《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そういえばあいつムービーない…?『ELDEN RING』“あのボス”のファン製カットシーン!【UPDATE】

    そういえばあいつムービーない…?『ELDEN RING』“あのボス”のファン製カットシーン!【UPDATE】

  2. 『ELDEN RING』の世界を再現する『マインクラフト』アドベンチャーマップ公開! 15時間以上のメインストーリーも用意

    『ELDEN RING』の世界を再現する『マインクラフト』アドベンチャーマップ公開! 15時間以上のメインストーリーも用意

  3. 低反発素材の“三角頭”ぬいぐるみも!海外Fangamerで『サイレントヒル2』公式ライセンスグッズ3種が発売

    低反発素材の“三角頭”ぬいぐるみも!海外Fangamerで『サイレントヒル2』公式ライセンスグッズ3種が発売

  4. 『SIREN』の影響受けた現代日本サバイバルホラー『Brutal Japan | 猟奇の日本』早期アクセス開始!

  5. プレイするたび運命が変わる都市迷宮サイコホラー『DarKnot』2022年内に早期アクセス開始予定

  6. Steam向けに復刻した『Glover』がN64向けで再び発売!サントラ付の豪華版も併せて予約が間もなく開始

  7. パンツも脱げるし殴り合いにもなる大人向け恋愛ADV『House Party』正式リリース日決定!

  8. Mod無し『マイクラ』で戦車をビルド!悪戯好きプレイヤーがビルディング・コンテスト中に召喚

  9. 海外ゲーマーが『Outlast』を27分53秒で100%クリア! 主人公の動きの方がホラーだよ

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top