『In the Valley of Gods』は凍結状態―Campo Santo共同設立者語る“Valveの他プロジェクトに関わっているため” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『In the Valley of Gods』は凍結状態―Campo Santo共同設立者語る“Valveの他プロジェクトに関わっているため”

『Half-Life: Alyx』や『Dota Underlords』など他Valveプロジェクトへスタッフがそれぞれの意思で分散したためとのこと。

PC Windows
『In the Valley of Gods』は凍結状態―Campo Santo共同設立者語る“Valveの他プロジェクトに関わっているため”
  • 『In the Valley of Gods』は凍結状態―Campo Santo共同設立者語る“Valveの他プロジェクトに関わっているため”
  • 『In the Valley of Gods』は凍結状態―Campo Santo共同設立者語る“Valveの他プロジェクトに関わっているため”

『Firewatch』で知られ、2018年にValveに買収されたデベロッパーCampo Santo。同社が2017年に発表した新作『In the Valley of Gods』について直近の状況を知らせる発表が行われました。

これは、Campo Santo共同設立者Jake Rodkin氏が、スタッフのTwitterでの自己紹介から『In the Valley of Gods』への言及が消えていることに対してのユーザーの不安に答えるべくPolygonを通じて明かしたもの。コメントによれば、「『In the Valley of Gods』は凍結状態である」としており、本来の発売予定であった2019年発売はされないとのこと。

理由としては、Valveにおいてはスタッフが好きなプロジェクトに関われる体制上、『Half-Life: Alyx』や『Dota Underlords』、Steam本体などへとそれぞれスタッフが貴重な経験を求め分散してしまったためとしています。ただし、Rodkin氏は同作が“開発中止”では無い旨をコメントし、いずれ開発が再開される可能性はあるとしました。

『In the Valley of Gods』は、1920年代を舞台に、エジプトの遺跡探索を行う1人称視点のアドベンチャーゲーム。ナラティブな要素を持つ旅のパートナーとのコミュニケーションの要素などが予定されています。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

    Steam版『バイオハザード RE:2』達成率0.0%の新たな実績が追加…アイコンには『RE:3』ジルの姿が

  2. ゾンビサンドボックスサバイバル『7 Days to Die』日本語対応予定が発表!

    ゾンビサンドボックスサバイバル『7 Days to Die』日本語対応予定が発表!

  3. PC版『Detroit: Become Human』配信開始! 最初のチャプターが遊べるデモ版も

    PC版『Detroit: Become Human』配信開始! 最初のチャプターが遊べるデモ版も

  4. 基本プレイ無料『PUBG LITE』国内サービス開始は12月13日から! アカウント発行特典もアップグレード

  5. 『フォートナイト』PS4とXB1で分割画面実装、フロストナイト再登場などのv11.30アップデート

  6. 『マインクラフト』に「ハチ」正式実装!Java&Bedrock版で登場、可愛いトレイラー映像も

  7. 『Halo: The Master Chief Collection』PC版発売週に2機種で約300万人がプレイ!配信視聴は300万時間近くに

  8. Radeon RX 5700 XT水冷ブロック搭載のPowerColor製グラフィックボードが登場

  9. 硝煙とHIP-HOP飛び交う美麗ドット絵RPG『Orangeblood』発売日決定!

  10. 『Forza Horizon 4』72台のマシンが争うバトルロイヤルモード「The Eliminator」が追加!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top