『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

バチカン公式サーバーが攻撃にさらされましたが、実はまだ運用前のテストサーバーだったことが判明。神父は攻撃を行ったユーザーをBAN、本サーバーをスタートさせることを報告しています。

ゲーム文化 カルチャー
『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN
  • 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN
  • 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

イエズス会のRobert Ballecer神父が立ち上げた『マインクラフト』バチカン市国公式サーバーが攻撃を受けたことが明らかになりました。

サーバーログを読んだBallecer神父のTwitterによれば、サーバーは接続と切断を一定間隔で繰り返す方法で負荷をかけられていたとのこと。これに対して神父は「興味深い(Interesting...)」とコメント。

このツイートには多数のリプライがついており、中には「ランダムにBANされた」と報告するユーザーも。これに対して神父は「Modがあなたを1時間以上監視していた。それは“ランダム”じゃない」と相手に罪を認めさせるように返信しています。


のちのツイートで、開放されていたのは実はテストサーバーと判明、攻撃をしたと見られる、数にして100程度のID、IPをBANしたことを報告しました。「テストサーバーの運用によってBANリストを作った」とコメントしており、まずは一種の荒らし対策としての仮運用だったようです。

本サーバーが開放されるのは12月5日。まだ攻撃は続くだろうが、ひとまずいいスタートを切ることができた、と伝えています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

  3. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

    ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  4. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  5. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  6. 『ロケットリーグ』にテスラ車「サイバートラック」を出してくれ!イーロン・マスクへの嘆願運動が発起

  7. 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

  8. 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

  9. 魔法世界サンドボックスRPG『Citadel: Forged With Fire』海外で正式リリース! 国内PS4版も12月発売予定

  10. 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説

アクセスランキングをもっと見る

1
page top