SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中

PS4タイトルプロモーションMV「夢の中へ」第二弾に剽窃疑惑が浮上。SIEおよび映像制作元は事実関係を調査中。

ゲーム文化 カルチャー
SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中
  • SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中
  • SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中
  • SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中
「PlayStation Awards 2019」放送アーカイブより

先日公開された、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの、PS4タイトルプロモーションMV「PS4 Lineup Music Video 「夢の中へ」 Winter Mix ft. たなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)」。500万再生を突破した第一弾に続いて公開された同映像に剽窃疑惑が浮上しました。

このMVは井上陽水の名曲「夢の中へ」を新楽曲とマッシュアップした曲に載せて、Kevin Bao監督のオリジナルのアニメパートを織り交ぜつつ様々なPS4タイトルの紹介を行う映像でした。先日の「PlayStation Awards 2019」生放送でも上映されています。



今回問題となったのはこのオリジナルのアニメパート。カートゥーンネットワークのクリエイターのianjq氏による「Steven Universe: The Movie」にて同様のカット割りが存在していた、という発言の後、同作の他の多くのカットでもGobelinsの学生作品やSouviens Ten-Zan作品、「フリクリ」などとの酷似が発覚したものです。映像の制作を行ったEallin Animationは酷似を把握していなかったとして映像を削除するとともに、Kevin Bao監督へ事実を問い合わせるとしました。記事執筆時点でPlayStation公式YouTubeチャンネルにあった該当映像は削除されており、閲覧することはできません。

Game*Spark編集部にて、SIEJAの広報担当者に本件について問い合わせたところ「現在事実確認中のため、コメントは差し控える」とのことです。追加の回答が得られ次第追ってお伝えいたします。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』都市伝説「Herobrine」のワールドのシード値が判明―1枚のスクリーンショットから解析

    『マインクラフト』都市伝説「Herobrine」のワールドのシード値が判明―1枚のスクリーンショットから解析

  2. ゼルダ風ドット絵アクションRPG『Ocean's Heart』配信開始! 行方不明の父親を探す少女の冒険を描く

    ゼルダ風ドット絵アクションRPG『Ocean's Heart』配信開始! 行方不明の父親を探す少女の冒険を描く

  3. 「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが

    「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが

  4. セリフはすべてAIによるリミックス!海外Modderによる『スカイリム』ファンメイドトレイラー

  5. 『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

  6. 「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像を2021年1月22日21時からYouTubeにて配信

  7. 2011年の初登場から長年の時を経て『マインクラフト』タイトル画面に映るワールドのシード値が判明!

  8. ダイソン球の建造のため惑星に自動工場を作る『Dyson Sphere Program』Steam早期アクセス開始!

  9. 「FFXIV 光のお父さん」マイディーさんへ吉田直樹氏からメッセージ

  10. 海外オークションで初版「ポケモンカード」未開封ボックスが史上最高額の40万8千ドル(約4,200万円)で落札

アクセスランキングをもっと見る

page top