吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説

吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催。e-Sportsの現状を多方面から解説します。

ゲーム文化 e-Sports
吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説
  • 吉本興業とイードがeスポーツセミナーを共催―チーム、リーグ運営、スポンサードなどすべてを解説

吉本興業は、インサイド/Game*Sparkを運営するイードと共同で「吉本興業e-Sportsセミナー」を開催することを発表しました。

このセミナーではe-Sportsチーム/リーグ運営の説明にとどまらず、配信プラットフォームから見た市場やスポンサードを行う意味など、あらゆる方面からe-Sportsの現状を解説していきます。イードからは、メディア事業本部 副本部長の森 元行がモデレーターとして参加します。

昨年からe-Sportsへの企業参入が増加していますが、その「一歩目」を踏み出せない企業も少なくはありません。熱意のみでなく、企業としての「e-Sportsへの一歩目」を踏み出すための方法を模索している方は、参加してみてはいかがでしょうか。セミナーの概要は以下の通りで、参加には事前に概要に記載されているメールアドレスへの連絡と、当日に名刺が必要となります。

eスポーツセミナー概要


日時:12/12(木)17:30-19:30(受付17:00) @吉本興業東京本部
住所:東京都新宿区新宿5丁目18番21号 旧新宿区四谷第五小学校

内容


・吉本興業がeスポーツに参入したきっかけについて
・芸人を活用したeスポーツの取り組み
・吉本興業のeスポーツ運営の成功と失敗(AICHI IMPACT、 League of Legends Japan League)
・eスポーツ事業へのスポンサードについて
・吉本興業のeスポーツにおいての今後のヴィジョン

登壇者



須藤 健二朗氏
西川株式会社 営業企画統括部 営業戦略グループ 営業戦略担当 兼 ディスプレイ担当 課長


中村鮎葉 氏
Twitch Japan


星 久幸
株式会社よしもとスポーツ 代表取締役社長


山本英二郎
株式会社よしもとスポーツ


高相 恵介 氏
株式会社プレイブレーン


森 元行 氏
株式会社イード メディア事業本部 副本部長

参加方法


誠に恐縮ではございますが、ご出席の場合には12/11(水)18時までに、 下記のフォームに必要事項をご記入いただき、参加の旨をご連絡いただけますと幸いです。

申込みはこちらから

また、当日はお名刺を必ずご持参頂けますと幸いです。
《kuma》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

    『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

  2. 『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

    『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

  3. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

    『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

  4. ルートボックスは「子供のギャンブル依存を助長する」―イギリス国民保険サービスがゲーム業界に呼びかけ

  5. 海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌

  6. 『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作

  7. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  8. 『スカイリム』海外Mod作者…ラムを飲んだらきれいなテクスチャができていた

  9. 『ダクソ』3部作『ブラボ』『デモンズソウル』を全て「1度も攻撃を食らわずにクリアする」超人が現れる

  10. 「やっと目が覚めたか」海外ファンが『スカイリム』ファンメイド枕を作成ーこのシーンは…

アクセスランキングをもっと見る

page top