AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮

AMDは、同社のグラフィックボード「Radeon RX 5500 XT」を発表。特定のタイトルで競合製品よりも13%性能を上回るパフォーマンスを発揮。

PC パーツ・周辺機器
AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮
  • AMD「Radeon RX 5500 XT」を発表、最大8GB RAMで競合製品を13%上回る性能を発揮

AMDは、同社のグラフィックボード「Radeon RX 5500 XT」を発表しました。

「Radeon RX 5500 XT」はミドルクラスにあたるグラフィックカードで、最大8GBのメモリーを搭載可能。また、同社のソフトウェア「AMD Radeon Software Adrenalin 2020 Edition」にもちろん対応。

本製品は、AMDによると、『BattleField V』『Borderlands 3』『Call of Duty: Modern Warfare』を含む特定のAAAタイトルで、競合製品よりも13%上回る性能を発揮。さらに一部AAAタイトルでは最大60FPSを超え、特定のe-Sportsタイトルでは最大90FPSを超えるフレームレートを達成しているとのこと。

製品はASRock、ASUS、GIGABYTE、MSI、PowerColor、Sapphire、XFXより展開される予定です。

Radeon RX 5500 XTは以下の特徴を備えています。

AMD RDNAアーキテクチャー:「AMD RDNA」ゲーミング・アーキテクチャーは、優れたパフォーマンス、拡張性、電力効率を実現し、将来にわたるゲーミングにも対応できるよう新たに設計されました。前世代の「Graphics Core Next(GCN)」アーキテクチャーと比較して、最大1.6倍上回るワット性能を達成しています。
AMD Radeon Anti-Lag:入力からディスプレイ表示までの時間を大幅に短縮し、「Overwatch」では応答性を最大22%改善しています。
AMD Radeon Boost:解像度を動的に落とすことでフレームレートと映像の滑らかさを改善し、画像品質にほぼ劣化を引き起こすことなく応答性を高めることができます。これにより、「PUBG」の動きの速いシーンでは、パフォーマンスを最大20%向上させることができます。
AMD Radeon Image Sharpening(RIS):DirectX 9、DirectX 11、DirectX 12、Vulkanのタイトルに対して、アップスケーリングとポスト・プロセス・エフェクトでは失われてしまうビジュアルの明瞭さや鮮やかさをもたらします。Radeon GPUのアップスケーリングと組み合わせることにより、高解像度のディスプレイ上で鮮明なビジュアルとスムーズなフレームレートを実現します。
AMD FidelityFX:ゲームデベロッパー向けに高品質なポスト・プロセス・エフェクトをオープンソースのツールキットとして提供します。ゲーム表現を整えると同時に、ビジュアルの忠実性とパフォーマンスの最適なバランスを達成します。この機能は、「GPUOpen」を通じて提供され、「Contrast-Adaptive Sharpening (CAS)」を採用することで、コントラストの低い部分でもディテールを引き出し、画像を鮮明化する際のアーチファクトを最小限に抑えます。
ゲーミング・ディスプレイ・エコシステム:ゲーマーは900以上の認証済みモデルから、「AMD Radeon FreeSync」や「Radeon FreeSync 2 HDR」テクノロジーに対応したモニターを選択し、スタッタリングやティアリングのないゲームプレイを楽しむことができます。

「Radeon RX 5500 XT」は、国内で各社順次発売予定です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

    Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

  2. PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

    PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

  3. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

    『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  4. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  5. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  6. 8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

  7. 『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

  8. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  9. 横スクロールACT経営ストラテジー『Coffee Break』Steam早期アクセス開始―コーヒーショップを右へ左へ大忙し?

  10. 『ETS2』日本マップMod「Project Japan」新バージョン0.3配布開始―1:19スケールでの日本再現を目指す意欲作

アクセスランキングをもっと見る

page top