拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

デベロッパーWolfire Gamesは、2013年にリリースされた拳銃リアル操作FPS『Receiver』の新作となる『Receiver 2』を発表しました。

ニュース 発表
拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート
  • 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

デベロッパーWolfire Gamesは、2013年にリリースされた拳銃リアル操作FPS『Receiver』の新作となる『Receiver 2』を発表しました。



『Receiver』は7日間でFPSを開発するゲームジャム企画「7-day FPS」から生まれた作品。通常のゲームならボタンを押すだけでできる銃のリロードを現実と同じ手順で行わなければならないのが大きな特徴です。『Receiver 2』では基本的なゲームプレイ構造はそのままに更にパワーアップ。より多くの拳銃が登場するほか、銃の可動部品のすべてをシミュレートするとのことです。




一般的なFPSとは違った体験が楽しめる『Receiver 2』は2020年初頭にSteam配信予定。なお、本作はマウス+キーボードとともにモニターでプレイするシングルプレイヤーゲームとして設計されており、VRやオンラインマルチプレイヤーに対応する予定はないそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

    「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

  2. スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

    スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

  3. GDC 2020で「メガドライブミニ」についての講演が開催決定―20年ぶりのハードはいかにして作られたか

    GDC 2020で「メガドライブミニ」についての講演が開催決定―20年ぶりのハードはいかにして作られたか

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 美少女STG『Deep Space Waifu: FLAT JUSTICE』が「貧乳キャラ」やゲーム名に大幅修正、その真相は…

  6. 『Dauntless』のデベロッパーPhoenix Labsが買収―シンガポールの企業Seaの傘下へ

  7. 『ポケモンHOME』各種機能を紹介した公式サイトオープン!“すべてのポケモンが集まる場所”が2月配信に向け本格始動

  8. 関西のゲームクリエイター勉強会「GCC2020」セッション情報第一弾が公開ー BlizzardやSNKが登壇しゲーム開発について語る

  9. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  10. スタイリッシュダークな世界観のターン制タクティクス『Othercide』クローズドベータ参加者募集を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top