20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】

海外プログラマーが子供のころに作ったゲームが、数奇な運命を経て、Twitchストリーマーによって配信。

ゲーム文化 カルチャー
20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】
  • 20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】
  • 20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】
  • 20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】
  • 20年越しの再会、海外プログラマーがTwitch経由で子ども時代の自作ゲームと再び巡り合う【UPDATE】

海外サイトのKotakuは、Paint.NETの作者でありプログラマーであるRick Brewster氏が少年時代に自作したゲームが、Twitchの配信によって20年越しで発見されたことを報じました。

物語は、Brewster氏が1994年、彼が12歳のときDOS向けのテキストRPG『The Golden Flute IV: The Flute of Immortality』を作ったことに始まります。これは1984年に出版されたDelton T. Horn氏の著書「Golden Flutes & Great Escapes: How to Write Your Own Adventure Games」に触発されたゲームで、IBM互換機Tandy 1000 TL / 2にて作成されました。



ゲーム内容としては従来のRPGを踏襲しており、プレイヤーはキャラクターを選択し、ランダム生成のマップを探索、街で物資を購入し、最終的にはボスを倒してゲームクリアというものです。

同氏は自身のTwitterを通じて「当時このゲームを3.5インチ720Kディスクにコピーして、東海岸のいとこに郵送しました」とコメント。その後は、時とともに再生可能なコピーは手元から失われていたようです。

ところが、それから20年の歳月が流れた2019年12月23日、古いゲームのプレイ配信を行うストリーマーMacaw氏の手元に、どういうわけかそのソフトが渡ります。


Macaw氏は他のゲームをプレイする配信の合間10分に本作をプレイし「自分のPCからソフトを削除するつもりはないが」としつつ「これはあまりにもバランスが取れていない…」とコメント。その後、今回のBrewster氏による発見へとつながった模様です。

このソフトが手渡った経緯について、Brewster氏は自身のTwitterスレッド上で「いとこが何処かのBBSにアップロードした可能性がある」と推測しました。また同氏がDMを通じてKotakuに伝えた詳細によれば、彼のいとこはゲームをアップロードしたことを思い出せなかったようですが、本作は、1994年にまとめられた「Cream of the Crop 5」シェアウェアコンピレーションの一部として収集されたようです。(FidoNetでも発見されました)

※UPDATE(2019/12/28 21:40):タイトルの誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外オークションサイトeBayで性的表現を含む商品の多くが販売禁止に―成人向けビデオゲームも対象

    海外オークションサイトeBayで性的表現を含む商品の多くが販売禁止に―成人向けビデオゲームも対象

  2. JRAと『桃太郎電鉄』がコラボ!期間限定すごろくコンテンツ『桃太郎電鉄ダービー』で日本ダービー優勝を目指そう

    JRAと『桃太郎電鉄』がコラボ!期間限定すごろくコンテンツ『桃太郎電鉄ダービー』で日本ダービー優勝を目指そう

  3. 『FF14』コラボモデルのストラトキャスターが発売決定!「リミットブレイク」できる本格コラボ仕様

    『FF14』コラボモデルのストラトキャスターが発売決定!「リミットブレイク」できる本格コラボ仕様

  4. 5周年を迎える『オーバーウォッチ』2021年の「アニバーサリー」イベントが近日開催! バティストのファンキーな新スキンも披露

  5. 『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

  6. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

  7. 『サイバーパンク2077』設定資料集の邦訳版「ワールド・オブ・サイバーパンク2077」発売―翻訳監修として西尾勇輝氏も参加

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

  10. 「FFXIV 光のお父さん」マイディーさんへ吉田直樹氏からメッセージ

アクセスランキングをもっと見る

page top