Razer、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表―ツールレスで超簡単にグラボ差し替えも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Razer、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表―ツールレスで超簡単にグラボ差し替えも

Razerより、モジュール構造の超小型ゲーミングPC「Tomahawk」が発表。グラボ部分はGeForce RTX 20シリーズにも対応。

ゲーム機 ハードウェア
Razer、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表―ツールレスで超簡単にグラボ差し替えも
  • Razer、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表―ツールレスで超簡単にグラボ差し替えも
  • Razer、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」発表―ツールレスで超簡単にグラボ差し替えも

様々なゲーミング機器で知られるRazerは、超小型ゲーミングPC「Tomahawk」を「CES 2020」にて発表しました。

同機の特徴は非常に小型化された筐体だけでなく、徹底したモジュール構造。インテルの「NUC 9 Extreme Compute Element」を中心とした、PC拡張ボード状のモジュールを、グラフィックボード・SFX電源とともに本体にセットするだけでPCとして動作する簡易さが大きな魅力となっています。もちろんグラフィックボードなど、キーコンポーネントの差し替えはツールレス。


デフォルトのNUCモジュールではi9-9980HK、8コアプロセッサーを採用。DDR4デュアルチャンネルで最大64Gまでをサポート、メモリの入れ替えも可能なほか、M.2スロットも2基搭載。グラフィックボードはGeForce RTX 20などのゲーミング向けハイエンド機にも対応しています。

更にThunderbolt 3ポートやUSB 3.2 Gen2 Type-Aコネクタ 6ポート、1000 Mbps LAN 2ポートなどの搭載に加え、The VergeによればWi-Fi6にも対応しているとのこと。

「Razer Tomahawk」の価格などは未定。ただし、Razerの担当者はThe Vergeに対し「初売価格は2,000ドルから2,300ドル程度になるだろう」と伝えています。高額ながら、コンソール的な気軽さだけでなくポテンシャルも秘めたマシンになりそうです。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. アンチチートツール「EasyAnti-Cheat」がLinux/macOSに対応―Valveの携帯機「Steam Deck」も正式サポート

    アンチチートツール「EasyAnti-Cheat」がLinux/macOSに対応―Valveの携帯機「Steam Deck」も正式サポート

  2. 非Steamゲームの実行やマルチブートも可能!携帯ゲーム機「Steam Deck」Q&Aページ公開

    非Steamゲームの実行やマルチブートも可能!携帯ゲーム機「Steam Deck」Q&Aページ公開

  3. CD対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」出荷状況を公開―すでに国内で入手した人も登場

    CD対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」出荷状況を公開―すでに国内で入手した人も登場

  4. 世界初、“寝ながら”に特化したVRデバイス「HalfDive」発表!クラウドファンディングで支援者を募集

  5. 『Payday 2 VR』発表!PC版『Payday 2』とのクロスプラットフォームプレイにも対応

  6. GB/GBC/GBAをHD画質で遊べるコンソール機「RetroN Sq」登場!3月発売予定

  7. 海外ファンが『ゼルダ』シリーズのハイラル風Wii Uファイトパッドを製作

  8. Valve携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」新トレイラー!概要や搭載機能を紹介

  9. Steam Deckは発売時から全てのゲームをサポートできるわけではない―ただしタイトルは増加する見込み

  10. 伝説の高難度パズルアドベンチャー『Myst』のVR版がOculus Quest向けに配信開始―ミスト島の謎に挑め

アクセスランキングをもっと見る

page top