吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を発表―開発はデジタル化に定評あるNomad Games | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を発表―開発はデジタル化に定評あるNomad Games

「ラブレター」「ファイティング・ファンタジー」のデジタル版を開発したNomad Gamesが吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル化を手掛けると発表しました。

ニュース 発表
吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を発表―開発はデジタル化に定評あるNomad Games
  • 吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を発表―開発はデジタル化に定評あるNomad Games
  • 吸血鬼ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を発表―開発はデジタル化に定評あるNomad Games

Nomad Gamesは、ボードゲーム「Fury of Dracula」のデジタル版を開発中であることを発表しました。

「Fury of Dracula」は1987年にGames Workshopより発売された、ドラキュラとハンターの対決を描いた推理ボードゲーム。国内でもアークライトより「ドラキュラの逆襲」として第3版の日本語版が発売されています。今回発表されたデジタル版は、2019年にWizkidsより発売された第4版に基づく内容となります。

Nomad Gamesはカードゲーム「ラブレター」やゲームブック「ファイティング・ファンタジー」のデジタル版開発で知られています。

同社によると現在は開発の初期段階にあり、年内にはリリース日を発表するとしています。
《いわし》

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

    『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

  2. 古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

    古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

  3. 『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

    『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

  4. 巨大ゲーム企業Embracer Groupに子会社売却の噂…『ボダラン』Gearbox Softwareや『STAR WARS: KOTOR』リメイクのSaber Interacitveが対象か

  5. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  6. 誹謗中傷のようなやり方で急かさないでと苦言―Modサポートまもなく情報公開の『バルダーズ・ゲート3』

  7. ハードコアなタクティカル脱出シューター『L.3.3.T.』発表! エイリアン技術で変貌した世界が舞台

  8. アトラス新作RPG『メタファー:リファンタジオ』2024年秋リリース決定!【TGA2023】

  9. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  10. Epic Gamesがハッキングされた疑い―犯人グループが約200GBの内部情報をおさえたと主張【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top