SIE、昨年度に引き続き「E3 2020」にも不参加「今年注力しているものの場としてそぐわない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SIE、昨年度に引き続き「E3 2020」にも不参加「今年注力しているものの場としてそぐわない」

「他のイベントには積極的に参加する予定である」とのことです。

ニュース ゲーム業界
(c) Getty Images
  • (c) Getty Images
  • (c) Getty Images

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、海外最大級のゲーム見本市「E3 2020」(海外時間6月9日~11日)に参加しない予定であると海外メディアGamesIndustry.bizを通じ明らかにしました。SIEは昨年の「E3 2019」にも不参加であったため、二年連続での不参加となります。

同記事によれば、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの広報担当者はESA(E3の主催団体)に対して敬意を表しつつ、「E3 2020は、我々が今年注力しているものの場としてそぐわない」「他の数百の消費者イベントには積極的に参加する予定である」という旨を述べたとのこと。

今年末には次世代機「プレイステーション5」の発売を予定している同社。今後の新情報公開やイベント参加に注目が集まります。

なお、Game*Spark編集部では、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの日本広報担当者に対しコメントを求めています。続報があり次第更新致します。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

    更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

  2. 「ハンヴィー」メーカー許可なくゲームで使える―『CoD』めぐる地方裁判に一旦の決着

    「ハンヴィー」メーカー許可なくゲームで使える―『CoD』めぐる地方裁判に一旦の決着

  3. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

    今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  4. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  5. Chucklefish新作『Witchbrook』のスクリーンショットが公開―「ハリー・ポッター」風『Stardew Valley』な魔法学校シム【UPDATE】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. 外出自粛への支援広がる―Steamで『Headsnatchers』など複数のタイトルが無料配布中

  10. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

アクセスランキングをもっと見る

page top