Valve、一部Steamタイトルに対し改名を警告「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せてしまう」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、一部Steamタイトルに対し改名を警告「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せてしまう」

Valveが、同社のゲーム配信プラットフォーム「Steam」上の一部タイトルに改名、もしくは成人向けカテゴリへの移動を警告。「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せる」語句であると理由を説明。

ニュース ゲーム業界
Valveが、同社のゲーム配信プラットフォーム「Steam」の一部パブリッシャー・デベロッパーに対し、ゲームタイトルに関する警告を行っていたことが明らかにされました。

今回明らかとなったのは、あるカジュアルパズルゲームのデベロッパーに対し行われた警告。該当のゲーム『Hentai Girl Angel』開発者の発表では、Valveは「Hentai」のキーワードが「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せる」効果を持つとして、ゲームが成人向けコンテンツが適法である地域のみの販売とするか、ゲーム名称を変更するかを迫ったとのことです。

同作はSteam Direct開始後に大きく勢力を伸ばした超低価格カジュアルパズルゲームジャンルの作品。同種のゲームの例に漏れず、成人向けのDLCが用意されていたものの、本体自体は一般向けとしての配信が行われていました。しかしながら今回の警告後はゲーム名称を変更するとともに、本体にも「成人向け」タイトルとしてのカテゴライズが行われています。

しかし、過去の複数のデベロッパーへの取材により、「成人向け」タイトルへのカテゴライズは成人向けコンテンツが元来違法となる中国地域などへの販売が停止される効果も含まれていることがわかっています。同作は、記事執筆時点でゲーム名称の変更と成人向けコンテンツが違法である地域での販売停止、双方ともになされた状況となっており、これがValveによる何らかの更なる指示になるものなのかは明らかになっていません。

なお、Steamの低価格カジュアルゲームに多く用いられる「Hentai」という単語は、英語圏においては「アニメ風、日本風の成人向けコンテンツ」の総称として用いられることが多い語です。いずれにしてもValveが配信されるゲームのタイトルにまで気を配るようになったことは注目されるところではないでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 最大80%オフ!『DOOM』『Skyrim』『Fallout』など対象の「QuakeCon」セール実施中

    最大80%オフ!『DOOM』『Skyrim』『Fallout』など対象の「QuakeCon」セール実施中

  2. 『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目

    『Halo Infinite』の共同開発としてSperasoftの参加が明らかに―SkyBox Labsに続く2社目

  3. Epic Gamesストアにて倉庫の商品を整理し出荷するパズル『Wilmot's Warehouse』新作ADV『3 out of 10, EP 1』期間限定無料配信開始【UPDATE】

    Epic Gamesストアにて倉庫の商品を整理し出荷するパズル『Wilmot's Warehouse』新作ADV『3 out of 10, EP 1』期間限定無料配信開始【UPDATE】

  4. 任天堂、第1四半期決算は売上高3,581億円など大幅な増収増益─『あつまれ どうぶつの森』当期のみで1,000万本超え、スイッチファミリーは568万台を販売

  5. 『ストリートファイターV』新参戦キャラ「ダン」「ローズ」「オロ」「風間あきら」発表!

  6. 無線を武器にベトナム戦争を戦う指揮官RTSのVR版『Radio Commander VR』発表!

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. PSストアで『FINAL FANTASY VII REMAKE』期間限定セールが開催! 各エディションが34%オフで購入可能に

  9. 『ピクミン4』は完成間近!? 宮本茂が海外メディアに語る―任天堂も開発認める

  10. 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top