Kickstarter発のポケモン風MMO『Temtem』Steam/Discordにて早期アクセス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kickstarter発のポケモン風MMO『Temtem』Steam/Discordにて早期アクセス開始!

Kickstarterにて約6,400万円を集めたモンスター集めMMOアドベンチャー。

PC Windows
Kickstarter発のポケモン風MMO『Temtem』Steam/Discordにて早期アクセス開始!
  • Kickstarter発のポケモン風MMO『Temtem』Steam/Discordにて早期アクセス開始!
  • Kickstarter発のポケモン風MMO『Temtem』Steam/Discordにて早期アクセス開始!

Humble Bundleは、Cremaの手掛けるモンスター集めアドベンチャー『Temtem』の早期アクセスをPC(Steam/Discord)向けに開始しました。

同作は、『ポケモン』風のモンスター集めMMOアドベンチャー。2018年5月に開始されたKickstarterプロジェクトにて約6,400万円を集めた作品で、ストアページ上の記載によれば日本語にも対応しているとのこと。以下、早期アクセスに際しての注意書きとなります。

早期アクセスゲーム


早期アクセスにした理由


“前作の『Immortal Redneck』で、ゲームのリリース後にプレイヤーの感想を求めるのではなく、開発の初期段階からコミュニティに協力してもらうことがどれだけ大切かが分かりました。ある推測をしたため、ゲームの特定のエリアに十分な焦点を置かなくなってしまい、その結果、ゲームの評価を下げることにつながったので、満足のいくリリースとはなりませんでした。

『テムテム』ではそうならないようにしたいと思っています。初期から支えてくださるプレイヤーに開発段階から関わってもらい、日々のアップデートを見て感想を提供してもらったりなど、最高のゲームを作れるようにご協力いただけたらと思っています。”

このゲームは大体どのくらいの期間早期アクセスですか?


“『テムテム』は発案時からかなりの成長を遂げました。社内での締切日ももう既に何度も延期されているので、特定の日に何かをリリースする、というようなお知らせの仕方は、守れない約束をするようなものなので逆に良くないと考えています。

『テムテム』はゲームがある程度リリースできる状態になってから早期アクセスに入ります。現時点では 2021 年第 2 四半期または同年第 3 四半期ごろになるのではないかと推測しています。”

早期アクセスバージョンと計画されているフルバージョンの違いは?


“『テムテム』のフルバージョンには、フルストーリー、そして早期アクセス版からは欠落している多数の仕様、といったたくさんのコンテンツが含まれることになります。”
  • 161 匹以上のテムテム
  • 6 つの独特な島 + ゲームクリア後のアクティビティを楽しめる小島
  • ランク式マッチメイキング
  • オークション / 商店
  • クラブ(週ごとの道場対戦を含むクランのようなもの)
  • 住居
  • アーケードバー
  • 「ナズロック」ゲームモード
  • 3 匹の神話上のテムテム
  • ゲーム内トーナメント
  • Steam 実績とカード


早期アクセスバージョンの現状はどうなっていますか?


“コンテンツについては、ゲームのコンテンツの 50% が既にプレイ可能です。これには最初の 3 つの島、80 匹以上のテムテム、現時点でのキャンペーンコンテンツの 20 時間分のゲームプレイが含まれます。

基本的な多人数プレイ仕様もほとんどが実装されています。そのため、ゲームは協力モードでフルでプレイ可能ですし、他のプレイヤーが走り回っている姿を見ることもできますし、PVP や交換のような相互作用も可能です。

さらに、ゲームクリア後のコンテンツもあるので、キャンペーンをクリアした後もゲームを楽しんでもらえます。ルーマ狩り(特定の色をしたテムテム)、テムテムの繁殖(バトルにおけるテムテムのミニマックスのため)、週間クエストやイベントなどです。”

早期アクセス期間中と期間後ではゲームの価格は変わりますか?


“初期から支えてくださるプレイヤーに最初からサポートしててよかったと思ってもらえるように、新しいコンテンツや仕様をリリースするごとに早期アクセスの価格を少しずつ上げることにしました。

どうやって開発プロセスにコミュニティを参加させる予定ですか?


“コミュニティはキックスターターキャンペーン時の『テムテム』発案からずっと協力してくださっています。この時も早期アクセス前の時点でも、皆さんの感想に耳を傾けて必要なものを実装してきました。コミュニティからは様々な方法で情報を提供してもらっています。(どのテムテムがゲームに実装されるべきか、どんな名前にするべきかなどまで、コミュニティの皆さんにはご協力いただいています)

『テムテム』をもっと向上させるために、これからも引き続き皆さんの感想を聞き、コミュニティにゲームの開発段階に関わっていただきたいと思っています。弊社のDiscord サーバーに是非どうぞ!”

Temtem』はPC(Steam/Discord)向けに3,599円(税込)にて早期アクセスを実施中です。

《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  2. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  3. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

    近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

  4. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  5. オープンワールド・アクションRPG『S.T.A.R.W.I.E.L.D.』Steamで現地時間8月1日リリース―未知の惑星でバイク!ビール!カニ!ショットガン!あとバナナ!

  6. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  7. 基本プレイ無料ACT『Metal Slug: Awakening』Steam版配信!再集結した「メタスラ」ヒーローたちを操り仲間達と強敵やミッションに挑め

  8. 「闇」にクラスチェンジした姿はクール!『聖剣伝説 VISIONS of MANA』探索や戦闘を盛り上げる“3つの新クラス”が判明

  9. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  10. 『オーバーウォッチ 2』新ヒーロー「ジュノ」お披露目! 浮遊感溢れるサポートヒーロー

アクセスランキングをもっと見る

page top