『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も?

『Retro City Rampage DX』の続編で2019年5月に発売された『Shakedown: Hawaii』が北米でWii Uのレーティングを取得。発売されればWii U最後のソフトになる可能性も……?

家庭用ゲーム Wii U
『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も?
  • 『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も?
  • 『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も?
  • 『Shakedown: Hawaii』がWii U版のレーティングを取得―Wii U最後のタイトルになる可能性も?

デベロッパーVblank Entertainmentは、2019年5月に発売したクライムアクション『Shakedown: Hawaii』のWii U版のレーティングを新たにESRBで取得していることが明らかになりました。


ニンテンドースイッチの発売後、Wii U向けのタイトル供給は徐々に減少していき、2019年には北米では10本程度しか新作がリリースされていない状況。国内においては2018年に発売されたダウンロードタイトルの『スペロイド』以来、『ドラゴンクエストX』の追加パッケージを除いて新作の発売はありません。

一方、北米では前述の通り減少傾向にはあるものの、20年1月にも2タイトルがリリースされており、20日にリリースされた『Whispering Willows』が現時点の最新タイトルとなっています。しかし、『Shakedown: Hawaii』が新たにESRBでレーティングを取得したことで、もし発売されるのであればWii U最後のゲームとなるかもしれません。


『Shakedown: Hawaii』は前作『Retro City Rampage DX』の30年後を舞台にしたクライムアクションでPC(Epic Gamesストア時限独占)/ニンテンドースイッチ/ニンテンドー3DS/PlayStation 4/PlayStation Vitaで発売中ですが、公式サイトではまだWii U版についてのアナウンスはありません。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

    ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

  3. 「通信が傍受されました」『フォートナイト』公式が謎ツイート! チャプター2―シーズン2では何が?

    「通信が傍受されました」『フォートナイト』公式が謎ツイート! チャプター2―シーズン2では何が?

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  5. 張さんが誘拐された!『シェンムーIII』DLC第二弾「ストーリークエストパック」配信開始

  6. 純須杜夫の息子が描かれる『ファイプロ ワールド』ストーリーDLC「チャンピオンロード ビヨンド」配信日決定!

  7. 国内PS4版も! 汚家リフォームシム『House Flipper』コンソール版配信日決定

  8. ゲームクリエイティブプラットフォーム『Dreams Universe』が正式リリース! 思うままのゲームを作ろう

  9. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  10. 『ライザのアトリエ』全世界累計出荷数35万本突破!トリダモノ氏によるライザの記念イラスト公開

アクセスランキングをもっと見る

page top