ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー

管理社会となった国からの亡命と家族との再会をかけてリアリティショーに挑戦する、シネマティック横スクロールアクションです。

PC Windows
ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー

PLAYISMおよびHitcentsは、Ministry of Broadcast Studios開発の横スクロールアクション『Ministry of Broadcast』をPC(Macを含む)向けに配信し、あわせてトレイラーを公開しました。

本作は突如として壁で分断され管理社会となった国から亡命し、家族との再会を目指す男が主人公の横スクロールアクション。ジョージ・オーウェルの小説「1984年」に影響を受けた世界観を舞台に、主人公は勝利すれば亡命できるというリアリティ番組「ウォールショー」へと挑戦します。

『プリンス・オブ・ ペルシャ』などの古典的なシネマティック横スクロールアクションの魂を引き継いだという本作では、タイミングよく走り、ジャンプし、落下を避けるというゲームプレイが要求され、時には歯ごたえのあるパズルを解くことも必要。一方でゲームプレイの進行を止めないようにスムーズに展開されるストーリーテリングによって、自由と家族との再会を求めて命がけのショーに挑戦する主人公のストーリーが徐々に明らかになっていきます。




『Ministry of Broadcast』は日本語にも対応で、PC(Macを含む)向けにSteamにて1,520円(2月7日まで1,368円)で、GOG.comにて14.99ドル(2月6日20時まで13.49ドル)で配信中。Utomikでも配信されています。なお海外では春にニンテンドースイッチ向けにも発売予定です。
《いわし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ガンアクションSTG『マイティ・グース』Steam/PS4/PS5/Xbox One/XSX/スイッチで6月5日発売

    ガンアクションSTG『マイティ・グース』Steam/PS4/PS5/Xbox One/XSX/スイッチで6月5日発売

  2. Steam版『グノーシア』2021年内配信決定!ストアページ&トレイラーも公開

    Steam版『グノーシア』2021年内配信決定!ストアページ&トレイラーも公開

  3. 『FF14 暁月のフィナーレ』プレイヤー種族に「男性ヴィエラ」が新たに追加!後に「女性ロスガル」も実装予定

    『FF14 暁月のフィナーレ』プレイヤー種族に「男性ヴィエラ」が新たに追加!後に「女性ロスガル」も実装予定

  4. 都市建設シム新作『Highrise City』発表トレイラー!建築資源も管理するゲーム性・都市毎に最大人口100万人、建物3万棟配置可能

  5. 『テラリア』発売から10周年!人気サンドボックスゲームがワンコインで購入できる記念セールが実施中

  6. PC版『Days Gone』のプリロードがSteamで開始―プレイ可能になるのは18日13時から

  7. 『FF14 暁月のフィナーレ』11月23日発売決定&予約開始!予約特典には発売前からプレイできるアーリーアクセス権や獲得経験値+30%のアクセサリなどが付属

  8. 『LA-MULANA 2』ヘビーユーザー向けダウンロードコンテンツ「オアンネスの塔」2021年内配信!

  9. 『FF14 暁月のフィナーレ』の新ジョブ「リーパー」が発表!両手鎌をダイナミックに扱う“近接DPS“

  10. 4人Co-op対応TPS『デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS』Steamストアページ公開―5月27日発売予定

アクセスランキングをもっと見る

page top