ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー

管理社会となった国からの亡命と家族との再会をかけてリアリティショーに挑戦する、シネマティック横スクロールアクションです。

PC Windows
ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー
  • ディストピア横スクACT『Ministry of Broadcast』配信―「1984年」+リアリティショー

PLAYISMおよびHitcentsは、Ministry of Broadcast Studios開発の横スクロールアクション『Ministry of Broadcast』をPC(Macを含む)向けに配信し、あわせてトレイラーを公開しました。

本作は突如として壁で分断され管理社会となった国から亡命し、家族との再会を目指す男が主人公の横スクロールアクション。ジョージ・オーウェルの小説「1984年」に影響を受けた世界観を舞台に、主人公は勝利すれば亡命できるというリアリティ番組「ウォールショー」へと挑戦します。

『プリンス・オブ・ ペルシャ』などの古典的なシネマティック横スクロールアクションの魂を引き継いだという本作では、タイミングよく走り、ジャンプし、落下を避けるというゲームプレイが要求され、時には歯ごたえのあるパズルを解くことも必要。一方でゲームプレイの進行を止めないようにスムーズに展開されるストーリーテリングによって、自由と家族との再会を求めて命がけのショーに挑戦する主人公のストーリーが徐々に明らかになっていきます。




『Ministry of Broadcast』は日本語にも対応で、PC(Macを含む)向けにSteamにて1,520円(2月7日まで1,368円)で、GOG.comにて14.99ドル(2月6日20時まで13.49ドル)で配信中。Utomikでも配信されています。なお海外では春にニンテンドースイッチ向けにも発売予定です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『グラブル ヴァーサス』Steam版発表!3月14日配信予定、PCでもプレイ可能に

    『グラブル ヴァーサス』Steam版発表!3月14日配信予定、PCでもプレイ可能に

  2. 『Insurgency: Sandstorm』海外PS4とXbox One版の発売が2020年8月25日に決定!中東を舞台にテロリストとの戦いを描くリアル系FPS

    『Insurgency: Sandstorm』海外PS4とXbox One版の発売が2020年8月25日に決定!中東を舞台にテロリストとの戦いを描くリアル系FPS

  3. 『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

    『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

  4. 映画「プレデター」の非対称対戦『Predator: Hunting Grounds』発売に先駆けた無料トライアルが3月27日より開始!【UPDATE】

  5. 『Horizon Zero Dawn』PC版が一時仏Amazonにリスティング……果たして真相は

  6. 大乱闘ACT『ブロウルハラ』に『トゥームレイダー』からララ・クロフト参戦!

  7. 『龍が如く0 誓いの場所』MSストアPC版/シリーズ初となるXbox One版が発売!

  8. 近未来的スパイvsスパイアクション『Deceive Inc.』ストアページが公開―他のスパイを出し抜き目的を達成せよ

  9. 新型コロナウイルスの影響により『Path of Exile 2』ベータテストが遅延か―開発元が海外メディア通し報告

  10. 『Temtem』2021年春にはコンソール版も!今冬以降のロードマップを追加公開

アクセスランキングをもっと見る

page top