2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!

フランスの映画監督クリストフ・ガンズ氏は、現在再び『サイレントヒル』に加え、『零』の映画製作に取り組んでいることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
(Photo by Keith Tsuji/Getty Images)
  • (Photo by Keith Tsuji/Getty Images)
  • 2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!
  • 2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!
2006年公開の映画「サイレントヒル」

フランスの映画監督クリストフ・ガンズ氏は、現在再び『サイレントヒル』に加え、『』の映画製作に取り組んでいることを明らかにしました。

コナミのホラーアドベンチャーを原作とする映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ監督は、海外メディアAllocineによるインタビューで、再び『サイレントヒル』の映画化に取り組んでいることを明らかにしました。さらに、コーエーテクモゲームスのホラーアドベンチャー『零』の映画も製作中。霊という日本的なテーマを抑えることの重要性と、日本で公開予定であることが語られています。

また、コナミに監督への抜擢をアピールする映像を送ったり、映画版のキャストにゲームの映像を見せて演技指導を行ったことでも知られる同氏ですが、映画「サイレントヒル」の続編(2012年公開の「サイレントヒル: リベレーション3D」)の監督を打診された当時を振り返り、作らなければいけなかったが、プロデューサーの「バイオハザード」のようなものにしたいという意向に同意できず、表現媒体が異なる芸術作品を傷つけることはできないと考え、監督することを辞退していたことも明らかにしています。
《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『バイオミュータント』『Inscryption』『風ノ旅ビト』『アスラズ ラース』他

    週末セール情報ひとまとめ『バイオミュータント』『Inscryption』『風ノ旅ビト』『アスラズ ラース』他

  2. 社員ら、CEOに怒り爆発!「強欲でふざけた奴」巨額買収に揺れるアクティビジョン・ブリザード

    社員ら、CEOに怒り爆発!「強欲でふざけた奴」巨額買収に揺れるアクティビジョン・ブリザード

  3. 【期間限定無料】SFパズルADV『レリクタ』Epic Gamesストアにて配布開始―来週はPC版『デモンエクスマキナ』

    【期間限定無料】SFパズルADV『レリクタ』Epic Gamesストアにて配布開始―来週はPC版『デモンエクスマキナ』

  4. 「開発チームとプレイヤーを何よりも優先」Blizzard新リーダー、マイク・イバラ氏声明―取り戻せるか信頼を

  5. 都市伝説の謎に迫る台湾産ホラー『The Bridge Curse: Road to Salvation』発表―同名映画をゲーム化

  6. 「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

  7. 『コール オブ デューティ』シリーズは引き続きPlayStationでも提供したい―フィル・スペンサーがソニーとの会話内容を明かす【UPDATE】

  8. アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

  9. 「これなら行ける!」Xboxボスのフィル・スペンサーがアクティビジョン・ブリザードのIP新作展開に意欲

  10. 直チャージ!「Steam専用プリペイドカード」全国コンビニなどで販売開始―『PORTAL2』が必ずもらえるキャンペーンも

アクセスランキングをもっと見る

page top