『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく

シーズン2が開始されたばかりの『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』のコンソール版パッチ容量について、Infinity Wardの開発者が発言を行いました。

PC Windows
『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
  • 『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
  • 『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
先日シーズン2が開始された『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』。同作のコンソール版パッチ容量について、Infinity Wardの開発者が発言を行いました。

これは同作のコンソール版において、数十GB単位のパッチが数週間おきに矢継ぎ早に配信されたことを受けてのもの。Infinity WardのプロダクションディレクターであるPaul Haile氏はTwitterにてこの状況に言及。ダウンロードサイズとストレージの専有容量の両方に対し常に対策を行ってきており、アセットパックを再度更新したことが状況を招いたとしました。

一方、同氏は、更新によりコンテンツ量が増えたにもかかわらず、ストレージ上の容量は減ったとしており、またこの機会にデータを整備しており今後のアップデートはより小さなものになるとしました。更には将来のアップデートにてコンソールユーザー向けのDLCパック管理画面を追加し、不要なDLCを削除できるようになるとのことです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation Void Edge」にてAsh用エリートセット「トゥームレイダー」が登場

    『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation Void Edge」にてAsh用エリートセット「トゥームレイダー」が登場

  2. 『Metro Exodus』Steam版が40%オフで販売再開―1年間のEGS時限独占が終了したため

    『Metro Exodus』Steam版が40%オフで販売再開―1年間のEGS時限独占が終了したため

  3. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ボイドエッジ」追加オペレーターを紹介する新トレイラー!

    『レインボーシックス シージ』「オペレーション ボイドエッジ」追加オペレーターを紹介する新トレイラー!

  4. スタイリッシュ2Dアクション『Katana ZERO』無料DLCが開発中―「想定の3倍のサイズ」

  5. パズルADV『LUNA The Shadow Dust』配信開始―手描きアニメーションによる美しい世界で難解パズルに挑め

  6. 【UPDATE】いざ再び、ニューヨークへ『ディビジョン2』大型アップデート「エピソード3 コニーアイランド: ハント」先行プレイレポ

  7. 一人称デートシム『Table Manners』PC向けに配信開始―理想のデートのために己の手で物理現象に立ち向かえ

  8. 『Half-Life: Alyx』の最新画像にはファンならよく知る“アイツ”が映っていた!? 画面端にチラリ

  9. Co-opゾンビサバイバル『State of Decay 2:Juggernaut Edition』Steam版も含め海外3月13日発売―クロスプラットフォームプレイ対応

  10. PC版『デモンエクスマキナ』はスイッチ版とどう違う?映像付きで比較してみた【爆速プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る

page top