対戦FPS『クロスファイア』の映画をソニー・ピクチャーズが制作―「ワイルド・スピード」シリーズプロデューサーの参加も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対戦FPS『クロスファイア』の映画をソニー・ピクチャーズが制作―「ワイルド・スピード」シリーズプロデューサーの参加も

世界中でプレイされている『クロスファイア』の映画化の話が進行しそうです。

ニュース 発表
対戦FPS『クロスファイア』の映画をソニー・ピクチャーズが制作―「ワイルド・スピード」シリーズプロデューサーの参加も
  • 対戦FPS『クロスファイア』の映画をソニー・ピクチャーズが制作―「ワイルド・スピード」シリーズプロデューサーの参加も

アメリカのエンターテイメント業界紙バラエティは、ソニー・ピクチャーズがSmilegateと提携してオンライン対戦FPS『クロスファイア』の映画を制作すると報じています。

本作は、無料でプレイできるオンラインFPSとして、2007年に配信が開始された作品。テロリストと鎮圧部隊に分かれ、さまざまなゲームモードで対戦します。「世界で最もプレイヤー人口が多いゲーム」のひとつとされており、Smilegateの2018年の公式発表によれば全世界で6億6千万人のプレイヤーがいる作品です(日本では2018年にサービス終了)。2020年にはXbox One向けに最新作『Crossfire X』の配信も予定されています。

報道によると、本作には「ザ・ストレイン」などを執筆しているチャック・ホーガン氏と、「ワイルド・スピード」シリーズのプロデューサーであるニール・H・モリッツ氏が関わっているとされています。また、テンセント・ピクチャーズが共同制作と協調融資を行うようです。

本作は2015年に映画化が発表されていましたが、以降の情報がありませんでした。
《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. セクハラ問題渦中のActivision Blizzardで社員がストライキを計画中―署名には3,000人以上が参加

    セクハラ問題渦中のActivision Blizzardで社員がストライキを計画中―署名には3,000人以上が参加

  2. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』販売本数1,200万本突破―シリーズ累計では『スマブラ』や『鉄拳』を超える

    残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』販売本数1,200万本突破―シリーズ累計では『スマブラ』や『鉄拳』を超える

  3. 超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開

    超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開

  4. 【無料】PC版『BF1』Amazonプライム会員向けに配布開始-8月2日より『BFV』も対象に

  5. 『Apex Legends』新レジェンド「シーア」が登場するシーズン10「エマージェンス」ゲームプレイトレイラー!

  6. Steam版『BF1』週末無料プレイ&88%オフセール開始!Origin版も引き続き無料配布中

  7. 理想の『バトルフィールド』は自分で作る!『BF2042』で究極のサーバーを実現する「バトルフィールド ポータル」をご紹介

  8. 海外グラボメーカー、AmazonMMO『New World』原因の破損専用の「RTX 3090」交換サポートを約束

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. Activisionが『CoD:MW』ゴースト役の声優とパートナー関係を解除―性差別発言に対する訴えを受けて

アクセスランキングをもっと見る

page top