今度は空! アメリカ空軍とイベント団体「ESL」がパートナーシップ締結を発表―支援団体への協力も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今度は空! アメリカ空軍とイベント団体「ESL」がパートナーシップ締結を発表―支援団体への協力も

アメリカ空軍とe-Sports大会の提携が発表されました。アメリカ空軍は以前にも『CS:GO』のチームと契約を結ぶなど、e-Sportsへの積極的な活動をしています。

ニュース ゲーム業界
今度は空! アメリカ空軍とイベント団体「ESL」がパートナーシップ締結を発表―支援団体への協力も
  • 今度は空! アメリカ空軍とイベント団体「ESL」がパートナーシップ締結を発表―支援団体への協力も
  • 今度は空! アメリカ空軍とイベント団体「ESL」がパートナーシップ締結を発表―支援団体への協力も

e-Sports大会運営会社ESLは、2020年に行われる大会においてアメリカ空軍とのパートナーシップを締結したことを発表しました。


発表はESLの公式サイトで行われ、2020年に開催される「Intel Extreme Masters North America 2020」と「ESL Pro League Season 11」での公式パートナーとして、アメリカ空軍との契約を結んだことが報告されています。アメリカ空軍は現地での催しを行うほか、二つの大会のブロードキャストでも活動。ゲーム中のタイムアウトを「Air Force Tactical Timeout」という名称にするスポンサー契約も結ばれているようです。

さらに、ESLとIntelが設立したゲームの公平性や多様性を支援する団体「Anykey」とのブランドパートナー契約を締結し、今年の後半からゲームコミュニティに対するさまざまな形の支援協力を行うことも発表されています。

先日には海軍がe-Sports業界への本格参入を表明しているアメリカ軍。今後どういった動きを見せていくのか、注目が集まります。なお、ESLとアメリカ空軍のパートナーシップは、2020年3月16日より始まる「ESL Pro League Season 11」から開始される予定です。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

    オープンワールドの一人称視点“PvX”シューター『THE INVITATION』発表!

  2. フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

    フェイク・ドキュメンタリーの先駆け映画「食人族」がゲーム化! 公開40周年記念

  3. 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

    『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

  4. 2020年で『ダンガンロンパ』生誕10周年! 記念生放送など多種多様な施策実施を発表

  5. Steamで成功を収めた新作ゲームの数が過去数年で継続的に増加していることが明らかに

  6. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. ユニティ・ジャパンのロゴが“距離を取った”!? 「ソーシャル・ディスタンシング」を広く呼びかけ

  9. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  10. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

アクセスランキングをもっと見る

page top